2010年5月 3日 (月)

献血事情@上海

中国人は献血に対して関心度が高い! その理由とは
【社会ニュース】 2010/05/01(土) 19:18
中国全土は不明だが、少なくとも上海市民たちの献血の対する関心度は高いようだ。
(中略)
中国では献血をするとデータバンクに記録され、今後自分が病気や事故で血液が必要になった場合、通常価格よりも安く、そして優先的に血液を得ることができるのだという。未来の自分への投資? いや、貯金のようなものだろうか。
つまり、中国では献血をする事で他人を助ける事もできるし、自分も助ける事ができるというわけだ。なんとも合理的なシステムである。
となると、貧血気味の人や何らかの理由で献血できない人は医療を受けるときに不利になるのでは? と思ってしまうのは考え過ぎか。とはいえ、善意が自分に返ってくるこのシステム。日本でも取り入れてみる事を検討してもいいかもしれない。少なくともアイスクリームよりは効果がある良いシステムだとは思うが……。余談だが、献血バスに行列ができるほど献血希望者がいると思って見ていたら、単にバスの日陰でくつろいでいるおじさん達だった(それでも多くの人が献血していた)。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0501&f=national_0501_023.shtml
自分は貧血気味で血を抜かれるのが苦手なためご遠慮申し上げているが、献血ではいろんな血液検査までしてくれるとのこと。でも基本的には上げっぱなしなんだよね。
見返りを期待すること自体に賛否はあると思うけど、献血センターで必死になって呼びかけている人を見ると(自分ができないことを心苦しく思いながら)、未来の自分の安心が与えられる上海のやり方も悪くはないだろう。基本的には登録するだけで、万が一の時に献血経験者と分かれば優先的に対応してくれる。ギブ&テイクの世界でいいのではないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

身体障害者の誘導

これほど難しいものはない。
僕は1年半ほど前にサービス介助士2級の資格を取った。その際に障害者や高齢者のおもてなしについて学んだ。もちろん机上と現実は異なる面も多々あり、勉強したことが必ずしもすべての障害者らに当てはまるとは限らない。一番厄介なのは良かれと思ってすることが迷惑と思われることだ。

ここでもよく話題にする新聞の投書欄。先日も目の見えない白杖を持つ人が、周囲の危険を教えてくれた人に急に引っ張られて怖い思いをした、その誘導もなってない、というものがあった。
もちろん、その人にとって恐い体験だったのは事実だと思う。だけど、ではそういう人をどう誘導すればいいのかということはあまり知られてない。誘導するときは身体のどこを持ってなど、世間一般に周知されていないのが現実なのである。
でもその人は、そうされたことに憤りを感じて投書をしてるようだった。教えてくれたこと自体をありがたく思うこともなく、ただ単に迷惑だと。

こういう一方的な「私は障害者だから丁寧に扱われて当たり前」的な発想があるから、世間の障害者を見る目がおかしくなるのだろう。せめて「教えてくれてありがとう。でもこうしてくれるともっと嬉しい」という考えができなかったのだろうか。そこから発展して介助教育の充実を訴えるのもいいと思う。

僕自身、資格を取っても声をかけるには戸惑いがある。自立のために声をかけないでくれという人までいるからだ。そうは言っても声かけなければ文句言う人もいる。なんか、どっちに転んでも文句ばかり言われそうで、結局は目を逸らすしかないのかなぁと思ってしまう。なにか間違ってるんじゃないかなぁ。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

新型インフルエンザ

過日の新聞の投書欄(結構好きで読んでる(^^♪)に、「インフルエンザに罹った人が病院からの帰りにタクシーに乗車拒否された、企業が本来の業務を放棄する現状が放置され社会機能が麻痺する」との意見が載っていた。
そこで頭をよぎったのがタクシーの運送約款と運輸規則。運輸規則はバスも旅客自動車の括りで共用だから改正があったはずとピンと来た。昨年5月に新型インフル患者の乗車拒否・・・というキツイ言葉ではなく「運送の引受け又は継続の拒絶」ができると改正している。改正前に国交省はパブリックコメントも募集し、4月下旬から2週間近く受け付けていた。
その間にどのような意見が寄せられたかはわからない。(会社に届いたかもしれないが結果しか覚えてない。) でも最終的には運輸規則も標準運送約款も改正された。

旅客自動車運送事業運輸規則
第13条(運送の引受け及び継続の拒絶)
一般乗合旅客自動車運送事業者又は一般乗用旅客自動車運送事業者は、次の各号のいずれかに掲げる者の運送の引受け又は継続を拒絶することができる。
1~4 省略
5 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 (平成10年法律第114号)に定める一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症(同法第7条の規定に基づき、政令で定めるところにより、同法第19条又は第20条の規定を準用するものに限る。)の患者(同法第8条(同法第7条において準用する場合を含む。)の規定により一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症又は指定感染症の患者とみなされる者を含む。)又は新感染症の所見がある者


一般乗合旅客自動車運送事業標準運送約款(←これは路線バス)
第4条(運送の引受け及び継続の拒絶)
当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、運送の引受け又は継続を拒絶することがあります。
(1)~(10)省略
(11)旅客が感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症(入院を必要とするものに限る。)の患者(これらの患者とみなされる者を含む。)又は新感染症の所見のある者であるとき


タクシーはこの規則を基に運送の引受けを拒絶した。もちろん「運送を引き受けてならない」ではないので引き受けてもいいが、患者輸送の拒否=企業が本来の業務を放棄=社会機能の麻痺と考えるのと同様、輸送する側は乗務員に伝染=就業不能=運行できない=社会機能の麻痺と考える。お互い立場立場で見る目が違う。投書の主は罹患者を診た医者だけど、タクシーが一方的に悪いという誤解はやめてほしい。
旅客自動車の運転士は医者と比較して丸腰に近い状態で業務に携わっている。マスクすら「接客態度じゃない」と苦情を言われるご時勢だ。その点は理解して欲しい。

新型インフルについてはいささか騒ぎすぎの感があり、季節性インフルのほうが死者や感染割合も多いと聞く。「新型」というだけで未知との遭遇でビクビクしてる感もあるけど、どんな感じなのかな? 予想ではあと1ヶ月で大流行らしい。予防には越したことはない。会社ではマスクも備蓄し始めた。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

インフルエンザ騒動はどこへ?

ほんの1ヶ月前、世間ではインフルエンザ騒ぎが起き始めた。神戸で見つかり大阪、滋賀と拡がり、関東上陸も時間の問題と思えば1週間足らずで見つかった。
ところが今はなんだ? 巷での話題は少ない。ニュースでも「**で見つかった。渡航暦はないとのこと。保健所では感染経路を調査してる」程度でサラリと流されている。日本人の熱しやすく冷めやすい性格そのものだ。

なんで世間はそんなに騒いだのか? 「新型」という言葉に「未知との遭遇」を意識してのことかなと思う。
でも、神戸と大阪で延べ250人といっても人口比にすれば小数点以下何桁になるだろう? 宝くじの3等4等もロクに当たったことないのに、1万人に1人のウイルスに感染することなんかまぐれ当たりにしか考えられない・・・と冷めた考え方をしてた僕は無用心極まりないかな?

仕事ではそれなりの対策をした。近隣他社では運転士にマスクを義務付けたり希望者の着用を認めた。特に成田空港送迎の仕事には必須となった。もちろんマスクを会社で支給したところもある。僕の会社でも用意すべしとなったが時既に遅く、街の薬屋からはマスクは消えていた。ネット通販でやっと手に入れたマスクは1枚あたり50円。数週間前には花粉症も沈静化して投売り状態だったマスクが、である。実にバカバカしい。
通販では約1週間で物が届いたのでまだ早いほうだっただろう。しかし、そのときは世間ではあまり騒がなくなり始めていた。会社でもマスク着用緩和を始めた矢先だった。マスクは倉庫に直行した。

インフルエンザなんか、季節性のものでは日本でも毎年死者が出ているという。それに比べ今回のインフルエンザの死者の数は少ない。どちらのほうが猛威と感じるか。だけど未知との遭遇で日本人は右往左往。実におかしな民族だ。
まあ、秋にはもっと強烈なインフルエンザが来るらしい噂も聞く。今回の騒ぎはその前哨戦だったのかもしれない。秋に慌てないよう、今から万全の体制を整えておくに越したことはないだろう。

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

高齢者と自転車

自転車の96歳が事故誘発 書類送検、避けた会社員死亡
2008年10月23日(木)16:58
 茨城県取手市の国道交差点に飛び出した自転車をよけようとしたトラックが民家に突入、運転していた千葉県柏市の男性会社員(当時53歳)が死亡した事故で取手署は23日までに、自転車の信号無視が事故を誘発させたとして取手市の無職男性(96)を重過失致死容疑で書類送検した。自転車の男性は4月7日早朝、赤信号を無視して国道を横断。トラックを右側の民家に突っ込ませ、会社員を死亡させた疑い。

http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2008102301000549.html?C=S

昨日の昼のニュースで取り上げていたこの事故。ググッてみると全国的にメディアが取り上げていた。ざっと見ただけでも東奥日報から熊本日日まで。発信元は同じとはいえ、取り上げるくらいだからどこも興味を覚えたのか。

96歳の長寿の方が自転車に乗ってお出かけというのは微笑ましく、まだまだ元気という点でいい話だと思う。
しかし、その人が事故を誘発し死者も出たということが、どのメディアも興味を覚えた点だろう。そして、自転車でも事故を起こせば、または誘発するような行為があれば、警察は適正に処理するという点を世に知らしめたことも忘れてはならない。

最近は自転車の事故が増え、それも夜間無灯火や歩道の暴走など、自転車側に起因する事故が少なくない。無免許で運転できる気安さでも、それを理由に道交法を無視してもいいという理論はない。歩道を走る自転車は「車道は危ないから」と尤もらしい理由を述べるが、それと同じに歩行者から見て自転車が危ないのだ。結局は自己チュー? そういう僕も高校時代に飛び出した幼児とぶつかった経験もあり(軽くで怪我することもなかったが)、歩道を走るときは慎重になっている。

さて、96歳の翁。人生の後半に大きな汚点を残してしまったが、世の中、老人の自動車免許返上の流れも起きている時代だ。心苦しいが、どちらも「車両」として乗ることは控えたほうがいい。もちろん歩行の補助具として押して歩くなどの手段は構わない。齢を重ねたが故の視界不良も避けては通れず、信号無視も故意ではないかもしれないわけだし。誘発だけならまだしも、巻き込まれないためにも考えたほうがいいのではないかと思うニュースだった。

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

花粉症

実のところほとんど無縁と思っていた花粉症。世間で騒ぎ出して年月も経つが、今まで他人事だった。それが2~3年ほど前、少し目が痒くなる事象が現れた。でも期間中ずっとということもなく、たまの発症だから、「ん?俺ってついに花粉症になったか?」と、そのときは思うのだがすぐに忘れてしまう程度である。

ところが・・・今年はちょっと違う。昨日あたりからクシャミ鼻水が出だした。当初は熱っぽいと感じたので、春先で油断して布団もはだけたまま眠ってしまったのが原因の風邪カナと思ったのだが、どうもそうではなさそう。今日は朝から目が痒い。左目に何か異物でも入ってるかのようなゴロゴロ感がある。
そして鼻水が止まらなくなった。夜になってティッシュが友達のような状態だ・・・いや、別の意味はないです。(*^_^*)
ああ、僕もついに花粉症患者の仲間入りになったのか。潜伏期間が長いとは聞いていたが、これからクシャミ鼻水に悩まされる日々が毎年のように来ると思うと憂鬱である。

| | コメント (3)

2008年3月16日 (日)

バリアフリーは免罪符か?

3月15日のダイヤ改正で、小田急線の急行が箱根湯本駅に乗り入れなくなった。風祭(かざまつり)駅のバリアフリー化によるためという。

箱根登山の小田原~箱根湯本間は、従来は箱根登山の小型車両と小田急の大型車両が走っていた。2~3年前のダイヤ改正で「輸送力増強」の名の下に小田急の車両のみになった。噂で聞く箱根登山の会社を取り巻く環境から、経費節減のために親会社の小田急が肩代わりしてると勘ぐるが、これは思い過ごしか。
風祭駅はホームが短く、箱根登山の列車はいいが、小田急の列車は全車両にホームが届かず、そのため箱根湯本駅側のドア1箇所のみを非常コックで開けて乗降をさせていた。当然、その要員を駅に駐在させている。昔は日中の小田急の乗り入れ時間帯のみ、近年は終日張り付かせていた。仮に2交代でも3名必要な計算だ。
バリアフリー化とは、風祭駅のホームを伸ばすことで、なんとか4両分の長さを生み出した。これにより一部のドアしか開かないというバリアを廃したということらしい。

ところがである。そのために大きなバリアが生まれた。それは否応なく小田原駅での乗り換えを強いることだ。今まで乗り換えなしで箱根湯本へ行けたのに、直通サービスをけんもほろろに投げ捨てて1つの駅のバリアフリー化を図った。いったいどちらのバリアに重みがあるというのか。失礼ながら風祭駅の需要(しかも4両全てのドアを開けねばならない需要)と直通サービスを受ける人の需要では、どう考えても後者のほうがあるだろう。
考えられる方法はまだあったはず。東京近郊では京急や東急に「このドアは**駅では開きません」という一部車両の締め切り扱いをする会社もある。さらに、今まで10両編成のうち前の6両を箱根湯本駅へ乗り入れさせていたものを、後4両に変更することだってできたはずだ。当然、このような選択肢を検討しての結果だと信じたいが、先の人件費削減のためという考えは小田急にも当てはまる。分割併合にともなう要員も必要で、それを削減すれば、やはり数千万円の節約になるだろう。どうもバリアフリーを口実に経費節減=会社の利益に走ったとしか思えない。バリアフリーを謳っていればなんでも許されるのではない。免罪符ではないのだ。

小田急電鉄のHPでは、小田急グループの事業ビジョンは「Value Up 小田急」。直通というバリアフリーを失わせておいて価値が出るとは思えないのだが。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

体罰容認派ですか?

バスの話題ばかり続いたので・・・

「連帯責任」クラス全員平手打ち…横浜市立小の女性教諭
1月12日10時31分配信 読売新聞

横浜市都筑区の市立山田小学校で、5年生を受け持つ女性臨時教諭(54)が、児童38人の顔を平手打ちしていたことが11日、わかった。
一部の児童が野外観察に集まらなかったことに腹を立て、「連帯責任」としてクラス全員をたたいていた。学校は「あってはならない体罰だった」として保護者らに謝罪した
。市教委は教諭を処分する。
同校によると、女性教諭は今月7日、産休に入った学級担任に代わって赴任。翌日、校内にある畑の観察に行こうとしたところ、数人が校庭でボール遊びを始め、なかなか集
まらなかったため、「みんなにも責任がある」と、顔を両手ではさむようにしてたたいた。なかには、数回たたかれ、ショックを受けている児童もいるという。 
最終更新:1月12日10時31分

愛の鞭としての平手打ちがまかりとおっていたのは今の40歳前後の世代までだろうか。私の頃もそれが当たり前だった。
中学校の技術の時間、何人かが教室を抜け駆けして近所の駄菓子屋で買い物したら、よりによって学校で1・2の厳しい先生に見つかり、教室に並ばされ「足広げて立て! 歯を食いしばれ!」で次々と平手打ち。
別の時間では、まぁこれは教室全体が悪かったが、何かの拍子に大騒ぎになった。おとなしい先生だったんだけど、他の先生の応援を求め、その先生が一喝!「おめぇら、そこに座れ!」と30分以上正座させられ説教を受けた。

どちらの行為も生徒側に否がある。今にすれば若気の至りで、そんな悪さもいい思い出だけど、なぜ保護者に謝る必要があるのかと思う。分別がつかない小学生だから優しく教えるのが当然なのか? でも10歳にもなるまで親はナニしてたの?
私の母親がよく言ってたのは、私の小学校入学式のとき、学校からの説明は「勉強と団体行動は教えるが躾は家庭で教えて下さい」だったそうだ。今学校がこんなこと言ったら「教育の放棄だ!」なんて騒ぐ輩がいるんだろうな。
日本の歩む道はどんどん間違ってると思う。

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

お葬式

ここんとこ忘年会続きでなかなか更新できません。σ(^_^;

さて、先日は旧知の友人の親父さんの葬式に行った。仕事ではなくプライベートな付き合いではあるが、この数年はお互いが忙しくて音信を途絶えたままになっていた。

そんなときに他の友人を通じて連絡があったと思えば親父さんが亡くなったとのこと。最近は疎遠だったが、私の親父が死んだときも駆けつけてくれたし、これは恩を返さないわけにはいかない。

それにしても驚いた。本人はただの呑んベイ親父と化しているのだが、その親父さんというのは、その業界では名の知れた偉大な人物で、通夜会場には数え切れないほどの生花の数数々・・・。友人連中で出し合った生花なんか紛れるどころか置いてもらっているのかわからないほど、どこかに埋没してしまった。この息子にしてこんな親父さんがいたとは、とても信じられないんだが・・・。

ある意味で葬儀の場というのはその人の“家”というのがわかるような気がする。けして豪華でなくてもいいが、恥ずかしくない程度の“家”にはしておきたいものだ。

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

ことの原因

こんな話題・・・

教諭が茶髪男子生徒に黒髪染めスプレーかける 兵庫・川西
12月6日14時11分配信 産経新聞

兵庫県川西市の市立中学で10月、茶髪にした男子生徒の髪を、担任教師らが髪染めスプレーで黒く染め直していたことが6日、わかった。生徒と保護者は人権侵害にあたるとして、市の第三者機関「子どもの人権オンブズパーソン」に申し立てたが、市教委は事実を認めたうえで、「生徒の了解を得ており、人権侵害にあたらない」としている。
市教委によると、中間テスト初日の10月11日、校則で禁じられている茶髪で登校した男子生徒を、教諭が注意。髪染めスプレーを持っていた別の教諭らとともに、生徒を保健室に連れて行き、スプレーで染め直した。
申し立てによると、生徒は、「自身で髪を染めなさい」とする教諭の指示を拒否したところ、教諭が体を押さえつけてスプレーをかけたという。
一方、市教委は「生徒は、教諭に対して拒否せず応じており、教諭が体を押さえつけた事実もない」としている。

・・・があるといつも思うことがある。

ことの原因はどこにあるのか??

そりゃ無理強いしたのであれば問題かもしれないが、規則に反した行為をしていればそのほうが問題だろう。それを棚に上げて教員が悪いだなんだとはよく言えたものだ。

テレビを見ていても、違法行為の人からインタビューする場面がある。スクールゾーンに車が絶えない、そのドライバーにインタビューするとか、コンタクトレンズの元眼科医からインタビューするとか、その手の類だ。でもその人が違反している事実は事実。車のナンバーも顔もモザイクをする必要があるのか。密室ならともかく公然とやっているなら、全国ネットに晒けだしてもいいのではないかと思うのは私だけ?

| | コメント (1)