2010年2月 6日 (土)

相撲がおもしろい

貴乃花や朝青龍で毎日のようにスポーツ面を騒がしている相撲界。相撲ブームも去って久しく、昨今は起死回生に躍起になっている角界において、良くも悪くも賑わっていることはいいことではないか。

僕自身はあまり相撲に興味はないし、この両名もどちらかというと好きになれないタイプだが、今回の2つの騒動には興味を持っていた。
貴乃花は、昔からどうも天狗になってる感が否めない点が気になる。今回の一件に関しても同調性に欠けてるなとも思う。
だけど別の意味では男気があるヤツとも感じた。疑問に感じることは真っ向から自分の信念を貫き通す。ま、それが同調性云々にも影響するんだけど、いい意味で相撲界に風穴を開けるとともに、良き伝統・慣習は永続させて、悪しき慣習はバサバサと切り捨ててほしい。ただし、理想だけを追い求めて暴走しないようにみんなが見守る必要はあるだろう。

一方の朝青龍。これはやはり横綱としての品格に欠ける点は弁解の余地はない。僕も面白半分に書かれた報道しか彼のことを知る術はないけど、我がまま・身勝手すぎる振る舞いと、横綱の地位に自惚れ、相撲のこと、特に伝統や慣習を軽んじているように見えることは、とても容認できない。
正直、横綱としての品格がなんなのかはわからない。だけど、報道を読む限りでは日々の精進(稽古)や後輩の面倒については相撲界だけに限らず一社会人としてもおかしなわけで、やはりバッシングされても仕方ない面は多々ある。

彼がいるから相撲ファンがいるのも確かなので、去ってしまうことは残念だ。国民性の違いからくるもので我々日本人が容認しなくてはいけないものなのか、それとも彼がもっと早く相撲界の掟を理解する必要があったのか。少なくとも前者ではないと思うが、相撲自体は横綱だけあって豪快で素晴らしいものがあっただけに、彼の性格が直らなかったことが悔やまれる。最後の最後までお騒がせな力士だった。
ま、解雇されるよりいち早く引退を選んだのも彼らしい。とりあえず退職金も出るとのことだ。ん~、なんだかなぁ。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

2016年オリンピック

2016年のオリンピック開催地がブラジル・リオデジャネイロに決まったわけだが、まずはヤキモキする思いが終わったことはめでたい。意外にもシカゴが最初に落選。オバマ人気に相乗りする形で決戦まで残ると思えただけに、ホントホント、まさかの落選だった。敗因は何なのだろう?

僕自身は東京開催は反対の立場。無駄なハコモノ投資に拍車をかけるだけなのは目に見えて明らかだし、それよりわが国の社会情勢を立て直すことが優先だと思う。もちろん日本だけの問題ではないけど、結局、2016年を過ぎればあっという間に潮は引ける。一時凌ぎの景気対策より将来の安定を約束して欲しい。
僕の実家は都内だが、僕が生まれる前、東京オリンピックが開催された際には下水道などのインフラが整備された。このような整備は、2016年に東京開催なら何をしてくれるのかと考えたけど、どうせビルと道路だけに終わるだろう。僕としては都市部の電柱の完全地中化など図ってくれればいいなと思ってるが(犬とスズメ、カラスには申し訳ないが)、そんな考えはまったくもって政治屋には持ち合わせていまい。

そういえば数年前、会社で署名が回ってきた。東京オリンピックを招致する署名だ。音頭は都だったか政党だったか。いずれにしてもバス協会経由だろうけ、僕は当時から「東京でのオリンピックはもう結構」の立場だったし、会社で署名活動というのも変なので拒否したら怪訝な顔された覚えはある。ま、これは仕事とは関係ないからね。

とにかく南米初といわれるにはオリンピックには世界から注目を浴びるだろう。慎太郎流に言えば「ブラジルは日系人もいるから頑張って欲しい」だろうけど、そんなわけのわからない理由はいざ知らず、ブラジルの底力を見せて、すばらしいスポーツイベントが開催できるように祈る。

| | コメント (0)

2008年11月22日 (土)

自転車愛好家として恥ずかしくないのかな?

なんか以前にも書いたようなネタだけど、最近の自転車の傍若無人振りは目に余る。そういう目で見ているからかもしれないが。

通勤途上での光景。大通りの交差点でバスが先頭で信号待ち。今にも青に変わろうかというタイミングで、後方から停車車両をかいくぐって勢いよく自転車が走ってくる。信号はまだ自転車がバスの後方にいる時点で青になり、バスは動き出した。
交差点の先にバス停。バスはウインカーを付けて左へ幅寄せ。あわや接触!と思いきや、自転車は勢いよくすり抜ける、バスも気付いたらしくそれほど速度も上げずに走っていたからいいものの、これが夜だったら間違いなく接触しただろう。どうせ無灯火だし。

別の機会では、別の大通りを右側通行。こちらのバスに向かって正面から迫ってくる感じだった。どかないバスが悪いがごとく。このほかにも赤信号無視や二段階右折違反など、目に余る行為をすべて挙げればきりがない。

以前、東京の臨海部を訪れた折、そこは倉庫群で週末となればトラックはおろか自動車そのものが少なく閑散としている一帯だが、レーサータイプのサイクリング車の集団を見かけた。おそらく趣味の集まりだと思う。
こういう人たちは自転車乗りの模範となるべきはずなのに、集団で走っている姿そのものは綺麗な隊列なのに、信号無視の嵐だった。こちらは別の車で走っていて、信号で止まっては抜かされ、また追いついてだったけど、何度も何度も信号無視。ホント、自転車愛好家として恥ずかしくないのかねと思う。そういう人たちの反論の言葉が載ってるサイトってないのかなぁ。

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

グループ企業体

ここは渋谷の東急百貨店。スポーツ用品を売るそばで、トレッキングの募集広告を見つけた。
200808191 200808192

内容はともかく・・・「旅行企画・実施 三和観光」。聞いたことないな。ん? 登録番号からして千葉の3種か。今は3種でも主催者になれるけど地域限定じゃなかったっけ? 対象者が渋谷店だからいいのかな? なのに出発地が吉祥寺とはこれいかに。ま、それも今回の本題ではないので。

東急といえば、今はグループから外れた「トップツアー」こと旧東急観光があったはず。東急テコプラザも旅行業として動いていたはず。なのにそれを飛び越えて千葉の旅行会社なの? オマケに東急東横店の中にはJTBトラベランドが店舗を構えている。それすら使わずに(落札負けかな?)千葉(流山らしい)の旅行会社会社を手配するなんて・・・。よほどハイキングの特化して実績のある会社なのか。

こういったグループ企業体が、その垣根を越えて少しでも安い他社を使う例は最近増えているようだ。とあるデパートでも、グループの運送会社が高いことを理由に安く見積もってきた大手運送会社に鞍替えして、その結果グループの運送会社が大口顧客を失って企業存続の危機→他社へ売却、ということもあったそうだ。

東急の例を持ち出すまでもなく(事情は分からないけど)、最近はグループ企業でもドライな付き合いが多い。これも昨今の景気に影響されてのことだろうか。逆に業界同士の付き合いのほうがホンネで話をできる感じがしてならない。個人的に社交辞令が嫌いな自分はドライな付き合いは苦手だ。表面だけ取り繕っているみたいだし。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

エスカレーター事故に思う

エスカレーターの事故があった。この事故報道で初めてエスカレータの重量基準を知った。1段に130kg、横に2人が並んで立つのを想定して1人当たり65kgは、エレベーターの重量基準と同じなんだなと思った。

今回の事故は1段に3~4人が乗っていたらしいが、いったいどんな混雑だったのか? そもそもどのような格好をすれば4人も乗れるのか? それが不思議だ。実際、主催者側の発表では「そのような事実はない、物理的に不可能」としている。そりゃそうだろう。
会場の東京・ビッグサイトは近付き難い人たちが集まっていたようだが(^^)、まぁそういう人達の平均的イメージからして、ウホウホ叫びながら我先に乗り込んでいたのだろうなと想像してしまう。さもありなんか?

主催者側と会場側の説明が食い違っているようだ。会場側は「エスカレーターの重量制限を説明した」そうだが主催者側は「そんなの聞いてない」という。僕はどちらかというと主催者側の言い分が正しいと思う。導線などの誘導方法の打ち合わせはしても、いちいちエスカレーターの定員や重量の説明なんてする? こりゃ絶対ウソだと思うね。ヘタに隠すことはない。逆に説明すべき事項だと思っている人なんかいないよ。結果として事故につながったけど、これではトイレの使い方まで説明する必要があるのではないか。

1段に3~4人乗ってたという話題が先走っているが、もし事実なら、メーカーも想定していない乗り方だろう。であるならばメーカーの責任を問うのは辛すぎる。制止させられなかった主催者側、会場側かもしれないが、個人的には自業自得かなと思う。非常識の行動をしておいて私は被害者なんて思って欲しくない。

エスカレーターといえば、もはや歩行は常識化されつつある。しかしメーカーはそれに耐えうる設計はしてないだろう。今後はともかく既設のものは尚更だ。ことのほか軽い重量制限だったので、ちょっとの衝撃で異常を来たす恐れがあるのではないか。ここは1つ、エスカレーター歩行も自己責任意識を持たせ、メーカー、設置者は「歩行に起因する事故に責任は取らない」くらいのことは明示する必要があろう。


| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

少年野球

内房へ足を運ぶ。小湊鉄道の撮影だ。ロケハンをしていると小さなグランド。そこに少年野球チームの募集看板。
Nansoboys
チーム名は「南総ボーイズ」。マスコットキャラも用意された立派なチームとお見受けした。
名前は大輔君。もちろん荒木ではなく松坂を意識してだろう。「ピッチャーで4番」なんて少年が目指す野球の極みだなと思う。僕が子供の頃は休み時間になると野球をしに校庭へ我先に飛び出したものだが、今の小学生はどうなのだろう。

さて、それはいいとして「ちょっとエッチな12才」って、いったいどういうフレーズ付けてるのか。思わず笑ってしまった。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

冬用タイヤは万全ですか?

雪で滑った乗用車がバスと正面衝突、高校生ら11人重軽傷
16日午前7時40分ごろ、岐阜県郡上市高鷲町鮎立の国道156号で、名古屋市北区山田北町、会社員内海行登さん(22)の乗用車と岐阜乗合自動車(岐阜バス)の路線バスが正面衝突した。この事故で、バス通学の同県立郡上高校と郡上北高校の生徒計8人が手足に軽い打撲を負ったほか、乗用車の後部座席にいた会社員男性(22)が右足骨折の重傷、助手席と後部座席の男性2人が手や足に軽いけがをするなど、計11人が重軽傷を負った。バスには16人が乗っていた。
県警郡上署の調べによると、現場は左カーブで、雪が5センチほど積もっていた。内海さんの乗用車が雪でスリップして対向車線にはみ出したとみて調べている。内海さんらは郡上市内のスキー場に行く途中だったが、スタッドレスタイヤやチェーンは、装着していなかった。
(2008年1月16日15時59分  読売新聞)

スキーに行くのにスタッドレスもチェーンも積まないで行く非常識にも参ったものだ。
別に中京圏の日常ではないのだろうし悪くいうつもりもないが、よく冬の関ヶ原渋滞の原因を「中京圏の人は(もっと細かく「名古屋人は」という人もいるが)めったに降らない雪のためにチェーンなんか買わない」ということを聞いた。
その真偽はともかく、少なくともスキーに行く人や冬の名神高速を通る人は、当然のごとく積んでいくのが常識じゃないのか? 極論を言えば、1人のスリップで道路がふさがり何時間も閉じ込められるわけだ。当社も数年前に(もう10年以上前か?)24時間閉ざされた経験を持っている。
その後、当時の道路公団が雪対策を強化したわけだが、インフラを整
備するのはある意味当然かもしれないけど、できていないのが周知されているのだから、自ら防衛しないことには非難の的になる。
今回は死亡事故につながらなかっただけマシと思うが、まだ二十歳そこそこ、これからのドライブ人生で悔いの残らないよう、これを経験として欲しいと考える。

| | コメント (1)