2012年6月30日 (土)

長きにわたりありがとうございました

今日を限り。

この数週間は特需だったそうだ。僕も事前に予約を入れておいた。「普段はやってないんですが」という予約だったが、この時期だからこそ、ということか。

牛のレバ刺しが飲み屋のテーブルから消える。焼肉屋などに行くと何となくふつうに頼んでいたのだけど、なくなるとなれば寂しい。「さよならレバ刺しの集い」と称して友人を引き連れて焼肉屋へ入った。この店は6月30日まで提供しますと宣言しており安心。それでも仕入れが厳しくなれば日々の提供数は限られるだろうから、予約をしておくにこしたことはない。

お互い焼肉好き、レバ刺しも普通に食べる者同士だから「なんで禁止するんだ」という話に花が咲く。もともと抵抗力が弱い子供や年寄りが食べるものではない。子供はともかく年寄りは自制すればいいだけ。危険な食べ物はフグだってあるではないか。逆にフグは「あのピリピリする瞬間がいい」と言われるほど、少し毒を残したくらいの方がツウ好みのようだ。「フグが良くてレバ刺しがダメなのは道理に叶わん」となる。

ま、いろいろ調べると牛のレバーは特に危険度が高いらしいが、死亡例はないらしい。もちろん「今までなかったは今後もない」わけではないけど、規制が極端だ。「死亡列が出る前に規制する」という方法もあろうけど、「お役人の考え方は…」と、役人を交えながらそんな会話となった。

レバ刺しをいつ頃から食べてるか覚えてないけど、長い間お世話になりました。またきっといつか、居酒屋で、焼肉屋で、会える日を待ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

クジラ料理

世界の食文化は数々あれど、日本でクジラを食すのも食文化である。可愛いから駄目だとか知能がある動物だからとか、クジラを愛する人らのクジラ食文化への圧力はかなり強いが、世の中には牛や豚は言うに及ばず猿や犬まで食べるのだから、クジラだからどうこう言われるのは筋違い。かく言う僕もクジラは食べる。半面、ホエールウォッチングもやっている。見る食べる、共に好きだ。

オヤジ連中は給食にクジラが出たとか出ないとか言うが、僕はほとんど記憶がない。あまり給食の材料に関心はなかったしな。

20111026
浜松町にあるクジラ専門店「百壺(ひゃっこ)」。最近は御無沙汰してるけど、今も健在かな。「ミンククジラのうまい店」と謳ってたように思う。

たしか友人に連れられてきた。この友人もクジラが見るも食べるも好き。当たり前だけど可愛い可愛いで過保護にしてたら増え過ぎて生態系を壊すだけ。元々自然界の動植物は食って食われて、それで適正な数が保たれているわけだ。乱獲は問題だけど、まったく獲らないのも逆に動物にとってマイナスだろう。何よりも優先して食うほどではないが、鯨肉はこれからも食べ続けていくと思うし食べていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

アンナミラーズ

アンナミラーズと言えばウェートレスのコスチューム(あえてこう書くcoldsweats01)が人気だったわけだけど、今風の価格破壊ファミレスとは一線を画していたせいか、ほとんどの店舗が閉鎖になってしまった。
すっかり無くなって(全廃)しまったと思ってたのだけど、どっこい生き残っている店があるそうだ。
てなわけで・・・品川へ行った際、駅近くで飲もうとなったらこんな看板を見つけた。
20110728

調べたら品川と横浜の2店舗が健在とのこと。今度行ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

天下のキリンが二番煎じ?

キリンビールが氷を入れて飲むビール「キリン アイスプラスビール」を発売するという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110722-00000004-minkei-l13
今日、帰宅の電車に乗りながら携帯でニュースを見ていたらこんな話題が出ていた。メーカーの開発者の苦心の作かはわからないけど、“ビールに氷を入れて飲む”という発想自体は世界にはあるようだし、日本でも初のことではない。
それなのに記事では、いかにも新発想のような書き方をしてるし、その他のニュースを見ても、過去に発売済みであることには触れていない。
サッポロビールが1988年に発売した「オン・ザ・ロック」がそれで、僕自身、記憶がほとんどないので短命で終わったのだろう。その理由はわからないけど、結局庶民には受け入れられなかったことには変わりない。

この事実を知ってるハズのキリンが同じ商品を売り出したわけだけど、コンビニ限定ということだけに購買対象を若者に絞ってるのかなと思うこともある。そうなれば氷を入れるというのは新しい発想なのか。
キリンはともかく、マスコミも過去に存在したサッポロにも取材して、比較して見ても面白かったろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

おかきの老舗・播磨屋本店

おかきの播磨屋本店といえば結構名のある老舗メーカーだ。
そんなおかき屋が都心の一等地で無料のカフェを経営している。店舗の一角を自社製品の試食を兼ねて食べてもらいながらコーヒーブレイク。狙いはこんな感じなんだろうけど、やはり無料には無理があったのかもしれない。今は小皿に数種類のおかきを載せて、コーヒー・紅茶は飲み放題というスタイルに変わった。オバチャン達の憩いの場になっても困ろうし、食事難民が挙って来られてイヤだろうから、多少なりともの有料化は当然とも考える。欲を言えばサンプルとしての製品はタダ、飲み物は有料なんだろうけど。

都内をぶらぶら歩いていてこのカフェを見つけた。“FREE CAFE”と書かれた今どきのカフェの看板が気になり、「“FREE”ってことはタダ?」と疑いながら店に入った。入口に“HARIMAYA STATION”とあり「播磨屋」の文字を見ておかきの播磨屋本店と気付いた。連れと一緒に冷やかし半分で小休止。
1101171
200円でのセットはこれ。
1101172
好みのおかきは選べないが、カレー味と青のり入りが僕の好み。うんちくが書かれたしおりを読みながら食べていると・・・。

??

なんか変な感じ。歴史を感じる会社の沿革だとか兵庫の会社だったんだと納得し読み進めるうち、地球環境がどうした天皇がこうしたなどと、あらぬ方向への文章が書き綴られていることに気付いた。「播磨屋本店って宗教?思想集団?」なんて思えてしまう。

こんなところには長居は無用とそそくさと出て振り向けば見覚えある建物。
この日は虎ノ門へ行き金刀比羅宮側から入ったのだけど、出るときは入った側と反対側へ。そして振り向くと、そこはかつて山形県のアンテナショップ「ゆとり都」のあった場所ではないか。アンテナショップが銀座へ移転し、そのあとに播磨屋本店がテナントとして入居したようだ。
「ゆとり都」の画像はこれ。(ぐるなびから) そして今の画像はこれ。
1101173
ん~。播磨屋本店のおかきは好きなんだけど、ちょっと見方が変わったな。いろいろ調べると宗教や政治結社ではないようだけど、加担したくもないので、買うことに躊躇しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

山梨へ

先日は山梨へ足を運んだ。山梨でお昼ごはんといえば「ほうとう」が頭に浮かぶ。そこで、ツアーでも愛用してるほうとう屋の「小作」へお邪魔する。
http://www.kosaku.co.jp/
県内に何店舗かあるのけど、さすがに清里や諏訪、富士五湖でほうとうを食べようとは思わない。武田信玄が野戦食として用いた郷土料理とのことで、欲しくなるのはやはりその中心地、甲府盆地にいるときくらいだろう。この日も甲府近くに遊びに行ったついでだ。
いろんなトッピングのほうとうがあるけど、やはり一番おいしいと思うのはオーソドックスに南瓜ほうとう。カボチャの独特の甘みとボリュームが腹を満たしてくれる。
20100523_3
ご覧のとおりのボリューム。それだけに値段も1100円。正直、1000円以下に抑えて欲しいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

北海道の駅そば

強風吹き荒ぶ中、北海道へ遠征中。札幌市内は雪だ。

さて、学生時代から北海道へ何度か出かけているけど、いつも気になる駅そばの話題。
20100322
どこで食べてもこの桜エビを真ん中に添えた天ぷらなんだけど、全道統一なのかな?
 
画像のそばは、強風で足止めを食らった旭川駅、小腹の足しに食したものだけど、思い起こせば札幌駅のホームや焼ける前の岩見沢駅舎隣接のそば屋もこのタイプだったなと。これを食べるとなぜか北海道へ来た!という気になるから、つい1回は食べてしまう。
ただ・・・天ぷらがほぐれやすく、箸を付けるといとも簡単に“たぬきそば(関東流)”と化してしまう。駅そばの天ぷらというとかき揚げしか思い浮かばない僕にとって、北海道の天ぷらは、ある意味でカルチャーショックなのだ。

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

土地土地の風習

旅行をしてると土地土地の風習に触れることがある。その土地に住む人にとってその風習は当たり前で、まさか余所の土地では行われていないなんて思いもしないことがある。

先日、とある人と話をしてる中で、その人(神奈川在)が岐阜の友人と一緒に神戸の友人のもとへ遊びに行ったそうだ。
で、その3人の会話の中で岐阜の人いわく、

「1月2日にすき焼き食べるよね」

残る2人が固まったそうだ。
岐阜といっても美濃地方で、ただし岐阜市内ではないらしい。飛騨地方なら“飛騨牛”があるくらいだからすき焼きというのも納得できるが、そうではない。具体的にどのエリアなのかは聞きそびれたけど、その人は1月2日にすき焼きを食すという習慣は生まれてからずっと行われてきており、それもご近所含めてのことらしく一家の伝統ではないので、世の中、元旦にお節料理を食べるのと同様、2日はすき焼きというのが当り前だと思っていたようだ。

このように知らず知らずの土地の風習はいくらでもある。すき焼きの風習を知りたくてネットで探ったけど、残念ながらヒットしなかった。いったいどこのことなんだろう? いろんな土地の風習を知りたくなった。

| | コメント (1)

2009年11月18日 (水)

ポンジュース

何とはなしに友人との会話。国鉄・JRの車内販売で売られてるジュースはなぜポンジュースなのかと。

聞くところでは、国鉄のスト(スト権スト 1975年11~12月)により貨物輸送が滞り、特に生産真っ盛りの四国のみかんは出荷できず、腐ってしまうなどの被害を受けていたとか。
そこで愛媛県青果販売農業協同組合連合会(愛媛県青果連)がストをしてる国労と動労に請願し、さらには多額の損害賠償を求めた結果、代償に車内販売に取り入れられたのだとか。
国鉄の車販で取り扱われるとなれば、北は北海道・稚内から南は九州・鹿児島まで、全国で販売される。知名度はバツグンに上がるわけだし販売量も格段に上がることだろう。それが妥協点だったのかもしれない。愛媛県青果連としても、“災い転じて”で意外と嬉しい悲鳴だったのかな?
ま、ジュース1本にしてもいろんな経緯があるものだと感心した。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

駅そば

またまた駅そばの話題。立ち食い蕎麦屋の前を通ると、あの汁の匂いに惹かれて、ついつい入ってしまうんだよねぇ。もうすぐ健康診断だから体重と塩分取り過ぎの血圧には十分注意しなくちゃ。

さてこの店。都内へ出かけた折に見つけた。
20091106
JRの駅や私鉄の大きめな駅の構内に立ち食いそば屋があるのは当たり前の光景になってる。ところがどっこい、ここは地下鉄馬喰横山駅の改札横だ。浅草線と新宿線を乗り換える際に目に留まった。
調べると「文殊」という店、銀座線の浅草駅にも店を構える地下鉄専門(?)の店らしいが、両国にあるという、やはり「文殊」という立ち食いそばの系列なのかもしれない。

地下鉄構内だけに往来の一般客需要は難しいのかもしれないが、乗り換え通路に位置するので、ついつい入ってしまう人も少なくないだろう。そのために30分という改札外乗り換えの制限をオーバーしては元も子もないが、立ち食いだけにサッと入ってサッと食べての世界。15分もいれば十分すぎるので心配も無用。
味はなかなか美味しく、今度機会があればまた訪ねてみようと思う。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧