« バスが足りなかったのか? | トップページ | ウィラー移転 »

2014年5月21日 (水)

需要と採算

ダイヤ改正の準備段階。需要はそれなりにあって朝晩の通勤通学時間帯は立ち客も多くてありがたい路線。だけど日中は一転して減る。とは言ってもガラガラではなく席も埋まり、時として立ち客もいるから、田舎の閑散路線と比較しては十分過ぎるほどの路線だろう。
しかし、よく見れば日中にまともな運賃で乗ってる人ってどれだけいるのか、そんな気にさせる路線は僕の勤める会社に限らず、東京近郊の会社の共通の悩みではないかな。

で、その路線の日中を半減近くしたら、案の定苦情になる。客目線では「随分乗ってるじゃないか」となるわけだけど、直接の収入に結び付かないだけに、採算を考えると苦渋の選択になるわけだ。

ま、余った原資は他路線の増便に回したりして、けして客を不便にさせるだけではないけれど、その路線だけしか使わない客にとれば納得はできないだろうなぁ。それに今後は要員不足による減便改正もあり得るだろうから、地域と共存する一般路線バスはますます運営が難しくなりそう。「本数増やせば利便性が増して需要も増えるぞ」なんて軽々しく言えないのよね。

|

« バスが足りなかったのか? | トップページ | ウィラー移転 »

コメント

シルバーパスの存在が、おかしくしていますよね!?
160億円の予算がつぎ込まれているそうで、1月10回利用計算でバス会社に配分されるそうです。
ある日まで、お金を払っていた人が、70歳になった瞬間、限りなくタダに近い料金になってしまう。

確か、神戸で、事業者が「割に合わない」ということで、利用都度の自己負担金が導入されたようですが、
東京近郊も、そうならないものかと思います。
お金の使い方を変えて、誰でも100円とか、安い値段で乗れるようにすれば、駅前放置自転車問題も
同時に片付くと思います。

先日、都議会議員のブログで、シルバーパスについて触れてる人がいました。
しかし、それを突っつくと、次の当選はないと言われているそうです。

投稿: 通りすがり~~ | 2014年5月28日 (水) 19時40分

僕も平日日中にバスに乗り、自分が一番若そうだったことがありますcoldsweats01。そのときは15人程度乗ってたと思いますが、もちろん席に座るのも憚られ、次に乗ってくる年寄りに先に座ってる年寄りが席を譲る、そんな笑い話を目の当たりにしてもおかしくない光景でした。
もちろん、バスに乗ってくれることに越したことはありませんが、不要不急の移動に使われることも珍しくなく、それこそ1区間だけ乗って降りるなんてことも。それで時間を食ったり万一のリスクは高くなるわで、正直嬉しさ半分迷惑半分の気持ちです。
東京都はシルバーパスがあり、わずか1000円で都営交通以外の民営バスにも乗り放題です。だから乗りたくなりますよね。僕だってこの業界特有の慣習の恩恵を受けてましたから。
東京都ほどの優遇措置はほかに例がないのか、千葉や埼玉は事業者単位、川崎はフリーパスだと1ヶ月1000円、コイン式だと半額負担、横浜市は概ね4000円負担か? 他の政令指定都市では、札幌は上限があるカード支給(上限越えは自己負担?)、名古屋市は民営バスは不可、京都市は市営交通は全線(3000円負担~)、民営バスは区間指定(地域限定?)などとなっているようです。東京都がいかに厚遇かわかります。
 川崎市 http://sc.city.kawasaki.jp/faq/contents_detail.php?frmId=12916
 横浜市 http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kourei/kyoutuu/syoukai/keirou/
 札幌市 http://www.city.sapporo.jp/koreifukushi/ikigai/ikigai4.html
 名古屋市 http://faq.city.nagoya.jp/P200.aspx?FAQID=0000362
 京都市 http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000137196.html

年寄りには住みやすい街なのかもしれませんが、これからどんどん高齢化が進む中、シルバーパスの補助金は頭打ちになるでしょう。需要と収入のアンバランスは絶対起きると思います。せめてワンコイン乗車(たとえ50円でも)で受益者負担の気持ちを持ってくれたらなぁと思います。収入が増えれば増回だって考えられますからね。(自己負担になると需要が減るなんてこもとありえそうですがshock

投稿: みのむし | 2014年5月29日 (木) 18時39分

都区内の 220円区間の定期が、通勤で 年間10万円前後なので、シルバーパスは100分の1ですね。
福祉と言っても、ヒドすぎると思います。

ワンコイン乗車や、1ヶ月の回数の制限、使える時間帯やエリアの制限。 何かしら必要だと感じます。
シルバーパスで東京横断や、用事が無いのに、ひたすら乗り続けてるのもいますね。座席が必要な人に行き渡らなくて、許しがたいと思います。

投稿: 通りすがり~~ | 2014年6月 1日 (日) 21時19分

補助金もらってる手前、あまりのことは言えませんが、自己負担を伴えば何が何でも乗ってやるという意識も薄れるだろうし、シルバーだけで座席いっぱいなんてことも減ると思いますね。本当に必要としている人に乗ってほしい。
落語のネタで病院の待合室の会話。
「**さん、最近来ないね」
「うん、身体の調子が悪いらしいよ」
医療費も自己負担が少ないから助かる半面(これは身内の入院費で実感)、自然治癒でもよさそうなものでも医者に頼る。懐を痛めないから税金で補填されてるという意識も薄いのでしょう。
医療費も自己負担比率が高くなってますが、それと同じで、やはり多少なりとも自己負担をお願いしたいものです。それが受益者負担の原則であり、これからの社会のために税金のばらまき抑制になると思います。

投稿: みのむし | 2014年6月 2日 (月) 22時26分

記事の言わんとすることはわかります。

でもこの記事は、自治体の政策に対する批判なのですよね。
自治体から事業者への支払額(「補助金」という名目なのでしょうか?)を見直すだけでも、帳尻合わせの可能な話です(少なくとも論理的には)。

それを、通りすがり~~さんの感情任せの批判に乗じて、
高齢者に対する「不要不急」というレッテル貼りや、「一区間だけ乗る」ことへの批判的な態度は、見当違いな批判ではありませんか?
制度に対する批判を個別の乗客への批判にすり替えるのは不愉快です。

投稿: trm | 2014年8月 4日 (月) 15時17分

交通の便が悪い所に引っ越して、ここ数年シルバーパスを利用させていただいています。ここのブログ、シルバーパスに否定的ですよね。またバスの運転手さんもパスを見せるとそっぽを向いて、こちらがお願いしますと言ってもダンマリです。中にはありがとうございますと言う方もおりますがほんの一部です。でも都は160億もバス会社に補助金として払っています。朝晚は満員ですが年寄りは乗っていませんよね。それに比べて、昼間はガラガラ、中には一人二人もザラです。年寄りがいなかったら、空車のバスを走らせることになります。そんなことになったらバス会社も立ち行かなくなってしまうことに成りますよね。路線も縮小、運転手もリストラ。田舎の一時間に一本の時刻表ってことに成ってしまいます。先ほどバスに乗った感想です。

投稿: 野風 | 2016年10月19日 (水) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/59680003

この記事へのトラックバック一覧です: 需要と採算:

« バスが足りなかったのか? | トップページ | ウィラー移転 »