« ここにも似たカラー | トップページ | 観光バスが不足 »

2014年4月10日 (木)

理化学研究所

いろいろ騒がれてるわけだけど、そもそも論として、組織の中の一介の研究者(=従業員)がその成果を外部に発表するのって、上席の決裁をもらうよな。単独行動なら疑義を論ずる前に組織内でその行動を問題にすべきだと思った。上席の決裁済みなら上席にも責任はあるし、検証もしないで許可したならそれもまた問題。
さらに、騒ぐだけでなく立証を求める声もなく、結局何が騒ぎの論点なのかわからなくなってきた。

小保方氏の組織の中の立場や理化学研究所の組織構造は知らないけど、いったい理化学研究所は何をしたいのか?

|

« ここにも似たカラー | トップページ | 観光バスが不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/59444797

この記事へのトラックバック一覧です: 理化学研究所:

« ここにも似たカラー | トップページ | 観光バスが不足 »