« 貸切バスの運賃・料金改定 | トップページ | 需要と採算 »

2014年4月30日 (水)

バスが足りなかったのか?

大バカJTB社員!バス手配忘れ生徒装い手紙「遠足中止しないと自殺」
高校の遠足のバス手配を忘れたJTB社員が、発覚をおそれて大ウソをついて遠足を中止させようとした。岐阜県立東濃高校は25日(2014年4月)、全校生徒317人が学年ごとに分かれてバス11台で(略)中山道の宿場町・馬籠宿、東山動植物園、三重県桑名の遊園地「ナガシマスパーランド」に行く遠足を予定していた。ところが、出発時間が迫っても1台のバスも来ない。結局、遠足は中止となった。
実は、バスの手配などを担当していたJTB中部多治見支店の男性社員(30)が手配するのを忘れていたのだ。(略)
出発当日集合した教師・生徒「あれ、バスが来ない」
手配をしていなかったことに気づいた社員が苦し紛れに考えたのが、生徒を装って「あすの遠足に行きたくない。実施されれば姿を消す」と書いた手紙を学校に届けるというものだった。
(略)
学校側は、50人の2年生男子生徒の保護者に説明し、全生徒の安全確認を行なった。そのうえで旅行を実施することに決めた。
(略)
騒ぎ大きくなり上司に告白「実は私が…」
この大バカ社員は25日午後になって仰天工作を上司に告白したという。JTB中部は謝罪会見を行なったが、執行役員は「複数のチェックを行なうルールとなっております」と言う。ならばミスは防げたはず。ところが、直接の上司である多治見支店長は「『忘れた』というよりか、『発注をしたつもりだった』ということです」
発注したつもりではチェックもできなかったと言いたいわけだろう。
萩谷順(法政大学法学部教授)「最大手の旅行会社ですから、バスを集めて何とか間に合わせることはできたはずですよ。仕事に対する信用の重要さというものが理解されていないのでしょうね」
2014/4/30 15:01
http://www.j-cast.com/tv/2014/04/30203519.html

あまりにもお粗末な顛末なのは置いといて・・・

バス手配を複数のチェックを行う会社ってあるのかな。いちいち上司の承認や確認をもらうとは思えないし、バス手配担当を介して手配したところで、その手配担当の元に手配依頼書が届かなければ気付くはずもなかろう。これは執行役員のいい訳か? もちろん「つもりになっていた」だから手配確認書をもらっていない時点で営業担当が気付くべきこと。手配書のやり取りは義務化になってるわけだから、その点でも組織としてのJTBはどうなったいたのか?

萩谷氏の意見も振ってる。「大手ならバスの手配くらい簡単だろ」っていうなら、なにも最繁忙期にタクシーで行くバスツアーなんてないでしょ。4月25日と言えばGW前の春の特需日であり、岐阜県の様子はわからないけど、関東地区に限ればバスが足りないで慌てふためいていたようだ。

それはそうと、今年はバスが異常に足りない。普段は空いているGW最中ですら「バスないですか?」の問い合わせが来ているという。そういう実態も知らないで訳知り顔してコメントするのは考えものだけど、だからと言って無理やり配車圏外などのバスを使うなど違法行為をするのもいただけない。正直に手配漏れを話せば顧客を失うことはあってもニュースなどの騒動にはならなかったろうにと思うのだが…。

|

« 貸切バスの運賃・料金改定 | トップページ | 需要と採算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/59560652

この記事へのトラックバック一覧です: バスが足りなかったのか?:

« 貸切バスの運賃・料金改定 | トップページ | 需要と採算 »