« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

バスが足りなかったのか?

大バカJTB社員!バス手配忘れ生徒装い手紙「遠足中止しないと自殺」
高校の遠足のバス手配を忘れたJTB社員が、発覚をおそれて大ウソをついて遠足を中止させようとした。岐阜県立東濃高校は25日(2014年4月)、全校生徒317人が学年ごとに分かれてバス11台で(略)中山道の宿場町・馬籠宿、東山動植物園、三重県桑名の遊園地「ナガシマスパーランド」に行く遠足を予定していた。ところが、出発時間が迫っても1台のバスも来ない。結局、遠足は中止となった。
実は、バスの手配などを担当していたJTB中部多治見支店の男性社員(30)が手配するのを忘れていたのだ。(略)
出発当日集合した教師・生徒「あれ、バスが来ない」
手配をしていなかったことに気づいた社員が苦し紛れに考えたのが、生徒を装って「あすの遠足に行きたくない。実施されれば姿を消す」と書いた手紙を学校に届けるというものだった。
(略)
学校側は、50人の2年生男子生徒の保護者に説明し、全生徒の安全確認を行なった。そのうえで旅行を実施することに決めた。
(略)
騒ぎ大きくなり上司に告白「実は私が…」
この大バカ社員は25日午後になって仰天工作を上司に告白したという。JTB中部は謝罪会見を行なったが、執行役員は「複数のチェックを行なうルールとなっております」と言う。ならばミスは防げたはず。ところが、直接の上司である多治見支店長は「『忘れた』というよりか、『発注をしたつもりだった』ということです」
発注したつもりではチェックもできなかったと言いたいわけだろう。
萩谷順(法政大学法学部教授)「最大手の旅行会社ですから、バスを集めて何とか間に合わせることはできたはずですよ。仕事に対する信用の重要さというものが理解されていないのでしょうね」
2014/4/30 15:01
http://www.j-cast.com/tv/2014/04/30203519.html

あまりにもお粗末な顛末なのは置いといて・・・

バス手配を複数のチェックを行う会社ってあるのかな。いちいち上司の承認や確認をもらうとは思えないし、バス手配担当を介して手配したところで、その手配担当の元に手配依頼書が届かなければ気付くはずもなかろう。これは執行役員のいい訳か? もちろん「つもりになっていた」だから手配確認書をもらっていない時点で営業担当が気付くべきこと。手配書のやり取りは義務化になってるわけだから、その点でも組織としてのJTBはどうなったいたのか?

萩谷氏の意見も振ってる。「大手ならバスの手配くらい簡単だろ」っていうなら、なにも最繁忙期にタクシーで行くバスツアーなんてないでしょ。4月25日と言えばGW前の春の特需日であり、岐阜県の様子はわからないけど、関東地区に限ればバスが足りないで慌てふためいていたようだ。

それはそうと、今年はバスが異常に足りない。普段は空いているGW最中ですら「バスないですか?」の問い合わせが来ているという。そういう実態も知らないで訳知り顔してコメントするのは考えものだけど、だからと言って無理やり配車圏外などのバスを使うなど違法行為をするのもいただけない。正直に手配漏れを話せば顧客を失うことはあってもニュースなどの騒動にはならなかったろうにと思うのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

貸切バスの運賃・料金改定

この3月に貸切バスの公示運賃・料金の改正が公表され、その説明会に上司に代わって代理出席。運輸局の人から説明を受けた。

現実問題として、これをまともに実施するバス会社がどれだけいるかは疑わしいけど、粗方周囲の中堅以上のバス会社の人の話では、これを機にきちんと説明して取るべき運賃はきちんと取る、少なくとも近付ける、としている。頼もしい限り。

それでもバス会社側から見て新運賃・料金で説明に納得できない部分がないわけではない。
例えば交代乗務員の配置について。
交代乗務員、早い話ツードラ(2D)になる場合は1kmにつき30~40円、1時間につき2,130~3,080円という設定になっている。距離が600km、運行が18時間のため2Dになると、安く見積もって30×600=18,000、18×2,130=38,340、この合算額56,340円が追加となる。高く見積もれば79,440円だ。この金額、どう見ても要員1人追加するための人件費をはるかに超えている。1日の人件費だけを見ればバックの諸経費を加算しても3~4万円ではないだろうか。だから1日当たりの上限額を定めてもいいのではないかと思う。

それと年間契約輸送について。
専属車両を決めないと年間契約に該当しないのはおかしい。企業送迎やクラツーなどの専用塗装だけを想定してるのかもしれないけど、バス1台必ず提供という年間契約も存在する。
また、年間稼働日数を勝手に338日と定めているのも変だ。聞けば月2回の整備と車検3日間の27日を控除した数字とのこと。それであれば1ヶ月点検は法定ではない今、月2日分も控除するのはおかしいし、せめて1日で十分ではないか。もちろん自主的に点検日を多く設けてる会社もあろうが、車両を特定しない年間契約で365日稼働としている例もあるはず。

さらっと聞き流して資料に目を通しただけでこの程度の疑問があった。細かい点は担当に任せるけど、重箱の隅をつつけばボロも出てきそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

続:観光バスが不足

ついに天の声か?

台湾からの訪日団体が使用する観光バスがひっ迫していることを受け、この度、時限的に営業区域を越えた配車を認めるという通達が来た。一定の基準を満たすバス事業者は一定の条件下で地方局管内全域での配車を可能とするとか。例えば茨城県内のバス会社も関東運輸局管内の羽田空港や成田空港受けで富士山~北陸~京都~大阪あがりの輸送が可能となるということ。
また、バス協を通じて5月までの空き状況と提供の可否を問うアンケートも届いたとか。ん~、まさに国の威信をかけて台湾からの訪日団体を路頭に迷わせないということか。

観光バスの部署は春のシーズンに入り忙しい時期。その中で時折、片言の日本語での問い合わせも少なくない。それも「明日バスある?」・・・その内容が「大阪まで」なんてことも珍しくないとのこと。かなり厳しい状況なのは電話を受けてる様子でもうかがえた。

僕自身台湾とは、従兄の勤務地という以外に縁もゆかりもないけど、日本との関係は良いようだから、この難局を是非とも乗り越えて欲しいし、できるのであれば協力できればいいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

観光バスが不足

エキサイトの記事によると、台湾からの訪日団体の観光バスが、5月までの段階で500台以上不足しているそうだ。
http://p.tl/KjzY

似非高速バスの隆盛や震災、関越道の事故以来、観光バス業界はかなり厳しくなっており、安全投資できる会社は生き残ることに必死だけど、それすらできない会社が会社を畳んだり観光バス事業を縮小あるいは辞めたりするなどしているそうだ。おそらく事業者や車両数自体が相当数減ったのではないかと想像する。

こう考えればアバウトな運用で成り立っていた業界ではあったが、需要が国家プロジェクトとして伸ばそうとしているときにバスが減ってしまっているのは、ちょっと考えてしまう。おまけに大型2種所持者は少なくなるし、さらに復興だ五輪だで大型所持者はそちらへ逃げて行く傾向もあるため、国交省としても頭を悩ますところではないかな。
でも、いくら問題になろうとも、一度締めた手綱を緩めることはないようにしていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

理化学研究所

いろいろ騒がれてるわけだけど、そもそも論として、組織の中の一介の研究者(=従業員)がその成果を外部に発表するのって、上席の決裁をもらうよな。単独行動なら疑義を論ずる前に組織内でその行動を問題にすべきだと思った。上席の決裁済みなら上席にも責任はあるし、検証もしないで許可したならそれもまた問題。
さらに、騒ぐだけでなく立証を求める声もなく、結局何が騒ぎの論点なのかわからなくなってきた。

小保方氏の組織の中の立場や理化学研究所の組織構造は知らないけど、いったい理化学研究所は何をしたいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »