« 乗合事業の規制緩和の頃 | トップページ | ドーム »

2013年11月20日 (水)

2013秋闘

賃金闘争の春闘に対して、労働環境の改善や年末一時金の交渉などの闘争は秋に行われ秋闘という。春闘ほどメジャーではないから私鉄独自の闘争で世間一般企業ではないのかと思ったりもしたけど、調べると多種多様な業界で秋闘は行われているわけで…。

ストライキを構えること自体、ホント少なくなっており、今やストライキって何?という人まで現れる始末だ。高校生の頃は電車が止まって休校になるから、ある程度ストライキの意味もわかってたし、高校の先生はバリバリの日教組で、組合活動に生徒を動員(というかお手伝い)させたりもしたから、なぜだか組合活動に対しては愛着もある。友人にも熱血国労組合員がいるしね(OBも現役も)。

このような業界にいるからストはイカンと言いたいけど、個人的にはストライキを否定しない。労働組合も元気な証拠で、それこそ労働者自身活気に満ちていていいではないか。
いつから「スト」というものが日本から消え去ってしまったのか。それがために経営者層が労働者を思うままに操り要らなくなったら捨ててしまう、使い捨て労働者が増えてきてるのではないか。
ストで迷惑を被る人はいるだろうけど、お互い労働者であると考えれば、もっと頑張って労働者の地位を高めようと応援してもいいのではないかな。

ところで私鉄の秋闘。うちもご多分にもれず活気がなくて情報が伝わってこないンだけど、本来の回答指定日は明日21日とか。例年になく早い。ってことはスト予定日(やらないんだけど私鉄総連としてはスト日は決めてる)24日だな・・・と組合に聞いたら、なんと1日とか。あらら、回答日から10日間もあるじゃない。たいてい3~4日後だったはず。今年は何で早いの? ま、する気もないんだからどうでもいいってことか。

|

« 乗合事業の規制緩和の頃 | トップページ | ドーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/58613815

この記事へのトラックバック一覧です: 2013秋闘:

« 乗合事業の規制緩和の頃 | トップページ | ドーム »