« かつては自分も…(反省) | トップページ | 人文社 »

2013年9月15日 (日)

ツアー移行組のサイトを見て

8月から名実ともに高速バスとなった似非高速バスからの移行組。既存事業者も関係省庁も関心を持って見てるところだけど、サイトを見てると疑惑だらけだなと思う。
その1つが実車の距離。申請時に距離などキロ数を示した書類を添付するのだから知らないはずなかろうに、アミー号だったかは「後日計測の上」の表示があった。1ヶ月も過ぎて今はきちんと表記されてるけど、おかしな話だ。
そのアミー号のサイトは今だ募集型企画旅行の約款を掲示しており、早く手配旅行の約款を掲出すべきでしょう。また、リンク先の運行会社山一サービスのサイトには「アミー号のサイトは高速ツアーバスを扱い路線バスは扱っていない」の表記も。1ヶ月も経ったのだから早く修正しなきゃね。

ウィラーのサイトも少しおかしく、起点終点が異なるのに距離がまったく同じ。ダウンロードして見るPDF時刻表の、例えば関東~関西のページの、TDS・新宿・池袋~京都・梅田・なんばのT132便と、内方である新宿・池袋~京都・梅田のT123便が同じ570キロとしている。このほかにも関東~関西には570キロ表示が多数あり、TDL・東京・川崎~名古屋に至っては全便が380キロに統一。このいい加減さには呆れる。
そもそも距離表示は小数点以下切り上げで1キロ単位と定められた。ウィラーはどの路線も10キロ単位で表示してあり、この数字を信じろといわれても困る。
この数字の市場への影響度は少ないだろうけど、安全を議論した結果の1つに距離表記が定められたのだから、協議会会長たる村瀬氏の会社がこれでは、移行組の程度は…と言われてもしかたあるまい。

1キロ単位だからきちんとやってるなと思ってもちょっと信じがたいのがJAMJAM。新宿~大阪のJX271便(昼行)の実車キロは489キロとある。でも最短距離と思われる初台南~新東名~阪神高速梅田の距離をドラぷらで計算すると498キロになった。グーグルの地図で新宿中央公園~梅田降車場所を御堂筋経由で計測すると502キロとなった。
JAMJAMのJX271便は運転士1名とある。どうもこのあたりにカラクリがありそうだ。
今回の制度改正で昼行ワンマン運行は500キロに制限された。しかし、一定の条件を満たせば600キロまで延長できる。それができなければ2名乗務だ。
どうもこの一定条件を満たせなかったので500キロ以内に収める必要があったのではないかと勘繰ってしまう。

乗合事業については素人集団とは言われるけど、虚偽で固めることのないよう、正しい表記を願いたいものだ。

|

« かつては自分も…(反省) | トップページ | 人文社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/58130136

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー移行組のサイトを見て:

« かつては自分も…(反省) | トップページ | 人文社 »