« お座敷バス | トップページ | JR北やJR四の話題など »

2013年9月28日 (土)

貸切バス評価認定

貸切バス安全性評価認定が発表された。前回1ツ星で今回更新して2ツ星に移行した会社も多く、移行できなかった会社も、次には2ツを目指して頑張るしかない。あえて星を取らない考えもできるけど、ないよりはあったほうが客から見ても安心ではないかな?

審査基準がどんな感じか、日本バス協会のHPで調べた。昨今の事業環境を踏まえてか、運行管理面の厳正化が問われてる気がする。ただ、いくつか「これで加点不可点を決められるのは可哀相」と思える項目もある。
例えばデジタコ。1点だからマストよりもベターな項目なのかもしれないが、投資額が大きいだけに設置している会社はそれほど多くないと思える。中小も含めればまだ普及率は高くはないのでは?
また、適性診断を必須以上に実施してるかを問(U-15②)に「65歳以上75歳未満の全運転者に対し2年に1回以上の頻度で受診させていること」というのがある。これも実施してれば1点加点なのだが、そもそも65歳以上の運転士を雇ってる例はそう多くあるまい。これは100点阻止問題なのか?

「どの会社も点数が低い」と担当が言ってたのがU-⑥の勤務時間・乗務時間等の管理だ。ほとんどは法令=社内規則であり(変える必要性を感じない)、例えば拘束16時間、運転9時間をあえて15時間、8時間にするなんてことは、事業者自身の首を絞めることになるからわざわざ社内規則に謳ってないし、短くもしていないのが現実のようだ。

ところで、今貸切のワンマンは昼行は500キロ、夜行は400キロという制限がある。でもこれは実車である。ある会社は「昼行525キロ(実車+回送)を上限」としたら加点されなかったとか。この会社では実車500キロは法令どおり、さらに回送含めて525キロを上限に2名乗務とするらしく、「実車しか謳わない法令より厳しい」と思ったら加点されず。「実車480キロ+回送200キロまでOKの会社に加点したらおかしい」と憤ってた。御意。実車しか謳わない今回の制度改正の矛盾だろう。

日本バス協会主催の制度で、内輪で内輪を審査すると思える節もあるけど、けして甘い審査ではない。実際に星を取れない事業者があるわけだから、それだけ冷静な目で審査しているはずだ。
貸切バスの安全性が問題視される中で、この認証を取っているかを1つの基準に貸切バス事業者を選んだほうがいい。もちろん、貸切部門もシッカリしてる会社は乗合部門もシッカリしているはずである。

|

« お座敷バス | トップページ | JR北やJR四の話題など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/58272343

この記事へのトラックバック一覧です: 貸切バス評価認定:

« お座敷バス | トップページ | JR北やJR四の話題など »