« 鉄道にお別れ | トップページ | 高速ツアーバスワンマン規制400キロ »

2012年6月30日 (土)

長きにわたりありがとうございました

今日を限り。

この数週間は特需だったそうだ。僕も事前に予約を入れておいた。「普段はやってないんですが」という予約だったが、この時期だからこそ、ということか。

牛のレバ刺しが飲み屋のテーブルから消える。焼肉屋などに行くと何となくふつうに頼んでいたのだけど、なくなるとなれば寂しい。「さよならレバ刺しの集い」と称して友人を引き連れて焼肉屋へ入った。この店は6月30日まで提供しますと宣言しており安心。それでも仕入れが厳しくなれば日々の提供数は限られるだろうから、予約をしておくにこしたことはない。

お互い焼肉好き、レバ刺しも普通に食べる者同士だから「なんで禁止するんだ」という話に花が咲く。もともと抵抗力が弱い子供や年寄りが食べるものではない。子供はともかく年寄りは自制すればいいだけ。危険な食べ物はフグだってあるではないか。逆にフグは「あのピリピリする瞬間がいい」と言われるほど、少し毒を残したくらいの方がツウ好みのようだ。「フグが良くてレバ刺しがダメなのは道理に叶わん」となる。

ま、いろいろ調べると牛のレバーは特に危険度が高いらしいが、死亡例はないらしい。もちろん「今までなかったは今後もない」わけではないけど、規制が極端だ。「死亡列が出る前に規制する」という方法もあろうけど、「お役人の考え方は…」と、役人を交えながらそんな会話となった。

レバ刺しをいつ頃から食べてるか覚えてないけど、長い間お世話になりました。またきっといつか、居酒屋で、焼肉屋で、会える日を待ってるよ。

|

« 鉄道にお別れ | トップページ | 高速ツアーバスワンマン規制400キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/55089458

この記事へのトラックバック一覧です: 長きにわたりありがとうございました:

« 鉄道にお別れ | トップページ | 高速ツアーバスワンマン規制400キロ »