« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月17日 (土)

引退続出の3月16日

今日3月17日は、JRのダイヤ改正があった。これに呼応して私鉄でもダイヤ改正を行ったところが少なくない。

昨日のNHKの朝のニュースでは、東海道・山陽新幹線の100系・300系が引退と報じていた。昼のニュースではいかにもマニアがインタビューに応えていて辟易したけど、制作側もそれらしい人を捕まえる方がネタ的には楽しいから仕方あるまい。
100系といえば2階建てを4両つなげた「グランドひかり」が懐かしい。食堂車で富士山を眺めることも今や昔話になってしまった。
300系は「のぞみ」でデビューしたかと思うが、0系や100系のようなトンガリマスクではなく、下に広がるそのスタイルが、僕としては画期的な思いをした。「名古屋飛ばし」という言葉を生み出したのもこの300系だ。
201203170 300系

一方、小田急線でもロマンスカーが一気に2種引退する。展望席のあるHiSEこと10000系とRSEこと20000系だ。
201203171 RSE20000系
RSEは御殿場線乗り入れのSEこと3000形の代替で登場した。これまでにないブルー系の塗装はロマンスカーの概念を覆した。そして2階建てのスーパーシート(グリーン車)を備え、小田急沿線に住んでいた僕も、何度か乗ったことがある。御殿場線直通前提だけど箱根特急にも使われ、さらにJR東海の371系が1編成しかないため、検収等の時期には借り出されて代走することもあった。ハイデッカータイプなので、展望席はなくても1列目を取れば展望同様の景色が楽しめた。

201203172 371系
こちらがJR東海の371系。新幹線のブルーのラインで、外観はRESと似て非なるが、中身はほぼ統一化されていた。ただ、RSEと違ってコンパートメントを設けなかったのはJR側の都合があったのかな?

かつての新宿~御殿場間の運転を、相互乗り入れ時に沼津まで延伸。しかし御殿場~沼津間の需要は少なく、昨日限りで御殿場止まりに逆戻り。おまけに小田急だけの片乗り入れ。371系はその後、団体用に動くらしい。RSEは某地方鉄道への売却話があるようだが、両社間にいろんな噂がある中、果たして実現するのだろうか。

201203173 HiSE10000形
こちらがHiSE。初登場は1987年で4編成造られ、既に一部は引退し長野電鉄で「ゆけむり号」として第2の人生を歩んでいる。
HiSEより車令の高いLSEこと7000形が残り、7年も若いHiSEが引退ということに違和感を覚える人は少なくない。HiSEは文字どおりハイデッカーのため重心が高く、それを理由にできるだけシートを軽くする必要があり、リクライニング機能を省略したとも聞いた。だからシート居住性が悪く不評だから引退が早まった、という推測も成り立たないわけではないが、RSE同様、ハイデッカー構造が災いしてのことのようだ。
ハイデッカー故の客室内の段差、つまりバリアフリー対策が不足しており、そのために引退を早める結果になったというのが実際のようだ。バリアフリー法というのは有無を言わせぬほどエライのか。

201203174 5200形
こちらは通勤型5200形。各停から快速急行まで幅広く運用されてきた。貫通ドアの左右に窓のあるマスクは「小田急顔」としてファンからは親しまれており、僕も小田急といえばこのスタイルだと思う。8000形の誕生でイメージチェンジを図ったが、おそらくこのマスクこそ、小田急の小田急らしさだと確信している。
そんな5200形も昨日限りで引退となった。小田急顔の最後である。白と青のラインは8000形として残るものの、なかなかどうして、小田急らしさはこれをもって消えるのだ。

全国ニュースでは新幹線ばかりが目立ったけど、大手とはいえローカルな私鉄で3車種が一気に引退するのは珍しいことではないかな。特徴のない無機質な車両ばかりになるのは寂しい限りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

楽天で個人情報えいか?

楽天トラベルとは「旅の窓口」時代から使っている。今やネット予約システムもたくさんある中、あまり他社には浮気しない。

検索サイトで楽天トラベル絡みで調べものする際、とあるキーワードで検索したらこんなのが引っ掛かった。
20120313_2 

一部は僕が隠したけどホントは丸出し。これって個人情報漏洩か?
あいにくネットは詳しくないので、単純にこんな画面が出ただけでびっくりしたのだけど、ただの個人情報曝け出して喜んでいるだけの人?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

似て非なるカラーリング

バスのカラーリングはその会社の独自のものであるが、中古市場では、元の会社のカラーがそのまま使われていることがある。
かく言う僕の会社のバスも、とんでもない場所で見かけたとの情報がある。もう10年以上前の話だけど、白バスで使われていたのには参った。
そんなことから、廃車の際はペンキをぶち撒けてから引き取ってもらうこともあったけど、あるときは黒ペンキでベタベタにしたら、いかにも街宣車風になってしまった。そちら系の方にはそのまま売れたかな?

それはともかく、とある旅行先でこんなバスを見た。
201203101
中央道ではおなじみの京王の高速バス・・・ではない。福岡県は柳川に会社を構える柳城観光バスである。

初めて目にしたのは5年以上前のこと。観光地の駐車所に止まっていて、そのときには撤退していた「はかた号」ではあるまいし、「京王か西東京の観光バスが随分と遠出してるな」なんて思って目を擦ってよく見るとわけのわからん会社名。「はかた号」をパクッたカラーリングなのか、それとも京王の中古車が流れた会社なのか、それはわからないけど、京王にとっては面白くないことだろう。

201203102
こちらは本家・京王の高速バス。よ~く比較すれば、一番前にオレンジ色の波線が追加されているのが柳城観光バスである。でも、どう見てもパクリ以外の何物でもない。バスのカラーリングって結構デザイナーに依頼している例もあるので、単にパクッたり中古市場でそのまま使うというのは問題が残るだろう。果たしてこの例はどうなもんか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

南三陸町長が告訴される

南三陸町長の告訴状提出 津波犠牲の職員遺族
東日本大震災の津波で南三陸町の防災対策庁舎にいた41人が犠牲になったのは、佐藤仁町長が高台に避難させなかったためだとして、町職員2人の遺族が6日、業務上過失致死容疑で南三陸署に告訴状を提出した。同署は「資料を精査して、受理するかどうか検討する」としている。
告訴状によると、佐藤町長は震災後、庁舎2階に災害対策本部を設置。大津波警報が発令されても、町職員らを庁舎内にとどまらせたとしている。
一部遺族は殉職職員家族会として公開質問状を佐藤町長に提出。防災担当ではない一般職員を高台に避難させず庁舎に集めた経緯などの説明を求め、マニュアルの不備を指摘したが、町長は「想定外で判断ミスはない」と回答していたという。
町総務課は「告訴状の内容を確認してから、対応を考えたい」とした。
産経新聞 3月6日(火)18時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120306-00000589-san-soci

難しい問題だ。公務員だって人間なんだから、自然の猛威に敵うはずはない。だけど、公務員という職種は、やはり非常時は第一線に赴いて然るべきだと思う。

町長は当初、津波はせいぜい2mほどと考えていたようだが、これは結果として間違っていた。これほどの大津波は誰もが想定外であったとしか言いようがなく、間違ったことが悪いとは思わないが、僕としては町長が職員を庁舎に留まらせて来るであろう時に備えたのは、公務員として正しかったと思う。それだけ公務員は、非常時に重責の担うのである。
ただ、今の公務員は身分の安定だけの職種になってしまい、非常時でも逃げることが最優先になってしまったようだ。大津波警報がどのタイミングで発令されたのか分からないけど、まさかの大きさであったのだから、警報が出た時点で逃げたところで助かった人はいただろうか。避難させたらさせたで、それも問題視したことだろう。

遺族の気持ちも分からないでもない。ただ、最終的に公務員としての職務を果たすべく残ったと思えば、まさに殉職である。担当が違うから逃げていいなんて、それこそ福知山の事故で関係ない社員を非難したことと正反対の考えではないか。
告訴が受理され、そして町長が有罪になろうものなら、行政職員は、関係ない部署の人は何でもアリになってしまう。本当にそれでいいのか、ちょっと注目したい話題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

LCC本格営業開始…なのかな?

今日から日本の空に、本格的格安航空会社が登場した。これまでに運航してきたエアドゥやスカイマークなどの存在は何だったのかと思うほど、メディアは「日本初」を前面に出して記事を書いている。
これまでに格安航空会社はあったのになんでだろ?と思わずにいられない。おまけに既存のエアドゥやスカイマークとの違いを述べた記事も、今のところ見つけられない。

文字どおり“ローコストキャリア”であれば、経費を抑えた航空会社ということになるのだろうが、どうもそれだけではなさそうだ。バス屋にはちょっとわかりにくい何かがあるのかな?

飛行機に乗るときの空港では、正直、これでもかというほどのサービスがある。結局はそれが運賃に跳ね返ってるわけで、どちらかと言うと今の時代に地べたからタラップで乗り込む飛行機の方が味わいがあっていい。一度は乗ってみようかなhappy01

それにしても「高速バスや新幹線がライバル」と言うのはありがたいかな。高速バスというのはニッチな産業で、例えば東京~大阪間にこれだけの高速バスが走っていても、全体需要のせいぜい1~2%ではなかろうか。
その程度の存在でしかない高速バスをライバルと見てくれるのは、バス屋としては非常に光栄と言うほかない。価格は、どこで利益を出すのかわからないほど安いのであるが、こちらも負けじと勝負していくほかないだろう。

今は話題性で搭乗率もよさそうだ。ただ、前例の安い航空会社の二の舞にならないか、ちょっと心配をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »