« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

議員定数削減より…

先日の朝日新聞の社説。「議員の歳費-2割削ってみせよ」と題して書かれていた。民主党執行部の言う「身を切る改革」とは、議員の皆が少しでも削るのではなく議員になる人を削ることで、議員の立場にいる人は何も削らずに済ませようということだ。岡田副総理は議員歳費のカットを提言しているにもかかわらず、である。

当たり前のことだと思う。国会議員の数が国民の数に比して多いか少ないか、世界中の国々との比較しても各国の事情があるから判断は難しい。しかし、今の1つのエリアで数人の議員を選ぶ限り、おのずとその数は多くなってしまうだろうから、衆参合わせて700人規模はやむを得ないと考える。平均すれば1都道府県当たり15人ではないか。
議員数が減れば1人の議員の声が大きくなる。極端な話が国会議員が1人だけなら、すべてがその人の思いどおりだ。いろんな意見が集まるからこそ会議としての意義がある。もちろん、そう単純な問題ではないのだろうけど。

議員の職に金がかかるのは承知している。今でも足りないという声はあるだろう。しかし、今の庶民は、例え足りなくてもその収入の範囲内で切り盛りしようとしてるわけで、そういう庶民感覚(桁は違うけど)を考えようとしないからこそ、「議員になったからには金はたっぷり貰うぞ」という発想なのだろう。

今、定数カットを叫ぶ人は、おそらく議員の立場に安泰としていられる人ではないか。それなりの地位にいれば比例区では名簿順位も高くて当選は確実なのだろう。逆に1年生議員などまだ身分不安定の人は2割カットでも「議員の立場にしがみついて…」「議員としてもっとやるべきことをしていくんだ」という志の人も多いかもしれない。

同じ2割カットなら、総数を減らさず、経費だけ減らすべきだと思う。そうしないと小さな声が抹殺されかねない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

雪は何とか無事

関東平野にも雪が降った。幸いにも家の周囲も路線バスエリアも積もるほどではなかったが。

雪国のバス会社の人と話していると「東京では5センチの積雪で大騒ぎですなぁ」と笑われてしまう。恥ずかしながら事実。その上さらに、最近入社の若い連中はチェーンもまともに巻けない人がいるから、なお一層恥ずかしい思いをする。
ま、無理もないかな。バス会社へ転職してくる運転士も、昔ならトラック経験者がふつうにゴロゴロしていたのだが、今や事務系出身者も珍しくない。それもそれなりの地位の人がリストラなどで急きょ大型2種という資格を取り、「バス運転手でもやってみよっか」程度のノリでバス会社の門を叩くのだから。ただ、こういう人達って、申し訳ないけど、普段は客商売に長けてる面がある一方で、こういう非常時にはあまり戦力にならないなっと思えてしまう。

それでもバスは、その自重のおかげで雪を原因とする極端な事故は多くない。どちらかと言うと、雪に不慣れな一般ドライバーがぶつかってきたり、道で事故って通行を妨げ、そのおかげで渋滞、遅れが発生という図式になることが多い。
今日はそれほどでもなかったけど、まだ1月である。来月あたりまでは気を緩めずに安全運行を願うしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

東急トランセの観光バス

在京の大手鉄道系の観光バスなんてほとんど見かけなくなった。ま、京王だけは高速バス仕様の貸切登録車を新宿へ行くと稀に見る。

20120114
都内某所にて発見。東急バスではなくトランセの所属。東急バス本体での貸切登録車は渋谷のデパートシャトルくらいなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

相乗りがブームなんだそうで

元旦の朝日新聞を読んで興味ある記事を見た。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201112310216.html

マイカーで遠出する際の相乗り希望者をネット上で募り、一人当たりの負担を安く上げようということらしい。運転する側も相乗りする側も、費用面で安く済むのがウケてるようだ。
サイトは「のってこ!」 http://notteco.jp/

リスク回避の術も一応は施しているようで、あとは自己責任で、ということらしい。
あとの心配は「白タク」だけど、この記事を読み始めた瞬間から「白タクじゃん。新聞記者も何も知らないな」と思ったら、記事を読むうちにちゃんと国交省旅客課のコメントが載せられていた。「社会通念上、許可の必要なし」という言葉は、一昔前なら考えられなかったなと思う。「不特定多数の相手に声をかけるのは問題」というのが、かつての回答であったろう。

ただ思うに、実例として載っていた東京~大阪4千円は、それこそ今のツアー系高速バスとほぼ同額、あるいは高いくらいである。それなら、見ず知らずの個人より、それこそまだ企業体のツアー系高速バスの方がマシかなと考えた。「のってこ!」利用者が高速バスの存在を知らないはずなかろうに。
それには、やはりドアツードアのサービスになる相乗りの方が、より利便性が高いということか。旅行も団体型から個人型にシフトしたと言われて久しいが、供給側の“交通”も企業から個人にシフトしているということになるのかな?
あとは万が一の保障問題が発端で社会が騒ぎだすことにならないか、こういう先例のない事業(ではないのだが)が起きる度に繰り返される問題である。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
…とはいってももう元旦も終わろうとしてるこの時間になっての書き込み。とりあえずご挨拶のみと思って。

昨年は災害が1つのキーワードになった年でしたが、今年こそいい一年を過ごせるようになりたいものです。ただ、いきなりの震度4クラスの地震にはビックリしましたbearing

今年もボヤキ、嘆き、バスネタ、鉄道ネタ、その他諸々、けして読ませるための文書ではないので拙い書き込みですが、よろしくお付き合いのほどお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »