« 特急救援バスの行方 | トップページ | バス乗務員の労働時間 »

2011年1月14日 (金)

銀塩フィルムのデジタル化

10年以上も前に、銀塩フィルムのデジタル化を進めようと手にしたフィルムスキャナのニコン・coolscanIII。覚束ないパソコン操作と陳腐なスペックのパソコンに不似合いなほどの機種を導入した。
そこそこデジタル化は進めたものの、スキャン速度の遅さにイライラして、結局タンスの肥やしになってしまう。スキャン速度は解像度次第なんだろうけど、どうしてもプリントしたときのことを考えると「大は小を兼ねる」で高画質スキャン。思い返せば、まだ若かったなぁと思う。

その後、パソコン自体も代替わりが進み、あれから3機目かな。スキャナのソフトも紛失してしまったし、今のパソコンで使えるかもわからない。とりとめて復活を望むほどでもないので、いっそのこと新機種を買ってしまおうと思い立って家電量販店へ足を運ぶ。

あれから10年・・・もはやフィルムで写真を撮っている人を相手にした製品は無いに等しかった。フィルムスキャナと言っても拡大レンズに毛の生えた程度のものしかない。「こんなので大丈夫?」と思えるモノばかり。
店員捕まえて「フィルムスキャナってこれしかないの?」と問えば「そうですね」とケンモホロロ。値段が安いのは魅力だけど。

こうなるともはや“スキャナ”と呼ばれる、ペラ紙もスキャンしてくれるモノになってしまうのだろうか。どうもあれは、紙のスキャンの片手間にフィルムもスキャンする感じで好きになれない。フィルム専用のスキャナってないンだろうか?
・・・と捜したところで見つからないものは見つからない。おもちゃのようなフィルムスキャナが嫌ならば、スキャナを買わなければならないのだ。

ってなことでスキャナを物色。候補は絞った。
ところが、時期を同じくしてプリンタも欲しくなった…いや、買わざるを得なくなった。だったらスキャナとプリンタの複合機を買うしかない。別々に買うほど財布と部屋の広さに余裕がないのだ。
で、またまた家電量販店で物色。しかし、これまたフィルムスキャンができる機種がほとんどない。フィルムユーザーって化石なのだ。結局は某大手メーカーの最高機種を買うことになった。

まぁ、買ってみればなかなか使い勝手も良く、時代とともに技術も進んでいるからフィルムもかなりいい具合にスキャンしてくれる。高画質だと1枚に数分要してイライラするのは相変わらずだけど、フィルムスキャナより手間が少ない感じだ。
その中の1枚。
110114
函館バスの写真はいつ、どこで撮ったかまったく覚えていない。フィルムの保管状況も悪いんだけど、デジタルカメラは日付管理が容易な分、かなり便利なツールなのは間違いなさそうだ。記録的な写真では、ますますデジカメの世話になるのは間違いないだろう。

|

« 特急救援バスの行方 | トップページ | バス乗務員の労働時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/50587225

この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩フィルムのデジタル化:

« 特急救援バスの行方 | トップページ | バス乗務員の労働時間 »