« ウィラートラベルの法解釈 | トップページ | 3ヶ月逆戻り »

2010年4月14日 (水)

2段階右折

2段階右折といえば自転車や原付に付きものの交差点での右折方法だ。いったん直進して向きを変え、直進2回で結果として交差点を右折するというもの。

ふつうに考えれば道路交通の中でも弱者といえる自転車や原付を保護するルールなんだけど、なんとバスがやってのけるという場所がある。大阪市営バスの歌島橋交差点がその現場。2年前の夏、現地を訪ねてカメラに収めてきた。ただ、今は廃止になったという噂も聞く。真偽はわからないが。

1)まずバスは左車線から交差点に進入。前方横断歩道手前でしばらく停車。
201004091
2)ちょっと拡大するとこんな感じ。右側をバイクを含め直進車がどんどん通り過ぎていく。
201004092
3)あれれ??右折のバスがふつうに右折レーンに顔を出した??
201004093
4)右折のバスはそのまま行っちゃった…。
201004094
5)右折待ちのバスはタイヤをジリジリと右に曲げながら“その時”を待つ。
201004095
6)ひたすら待つ。ジワリジワリと前に進みながら。
201004096
7)で、右折側の信号が青になると同時に動き出す。
201004097
8)前へ進む。
201004098_2
9)進む進む…
201004099
10)これで右折の完了。
2010040910
なんでこんな右折方法をしているのかはわからないけど、停留所の位置とその先の交差連の進路方向に微妙に関係していそうだ。このほかにも市内で数ヶ所、同じような2段階右折をしている交差点がある、あるいはあったらしい。警察の監視がうるさくなったとか、これに慣れない一般車が通報したとかで禁止になったって、ホントはどうなのかな?

いずれにしても大阪だけのことかと思えば東京でもあったという。ん~、意外と近場に存在してたんだな。見ておけばよかった。

|

« ウィラートラベルの法解釈 | トップページ | 3ヶ月逆戻り »

コメント

大阪市バスで、二段階右折時にからんだ事故を知っています。

路線バスの二段階右折大阪府警が認めているとのことですが、
これは恣意的な法の運用と言われても仕方が無いですね。

路線を変更するか、または、交差点直前の停車場を移動か廃止するか、
あるいは、道路交通法を改定するべきでしょう。

投稿: | 2017年9月20日 (水) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225348/48026108

この記事へのトラックバック一覧です: 2段階右折:

« ウィラートラベルの法解釈 | トップページ | 3ヶ月逆戻り »