« 北海道からフリーきっぷ | トップページ | 佐久間レールパーク »

2009年10月31日 (土)

インターネット予約

ネットで旅予約、便利でもトラブルも急増
10月31日0時35分配信 読売新聞
インターネットを利用して航空券を購入したり、ホテルの宿泊を予約したりする人が増えている。
パソコンや携帯電話でどこからでも利用できる便利さの一方で、契約を巡るトラブルも増えている。
国民生活センターによると、ネットでの航空券購入を巡る2008年度の苦情相談件数は322件で、3年前の3倍以上に増えている。寄せられた相談の一つ、60歳代男性の事例によると、今年8月にネットで格安航空券を購入した際、搭乗日を間違って入力してしまった。旅行会社にすぐに誤りを申し出たが、変更も払い戻しもできないと言われた。
ネットでホテルや旅館の宿泊を予約する際のトラブルも目立つ。08年度の苦情相談件数は124件で、やはり3年前の3倍近い。30歳代の女性の事例では、今年5月、ネットで旅館の予約をしたが、画面では「予約ができなかった」と表示された。別の旅館に宿泊したが、後日、その予約できなかった旅館からキャンセル料を請求された。
消費生活相談を行っている日本消費者協会の広重美希さんによると、ネットでの契約の場合、契約の成立時期を巡る勘違いからトラブルになるケースも多いという。
ウェブサイトで商品を購入する場合は、申し込み画面に入力し、確認画面を見て、承諾画面に切り替わったら、契約が成立する。確認のメールが送られてくるとは限らない。メールが来ないので契約は成立していないと勘違いしている人もいる。
広重さんは「ネットでの契約は、便利さの一方で、トラブルに巻き込まれる可能性も高い。安易に契約をせずに注意事項をきちんと読むことや、信頼できる業者を選ぶことが大切」と注意を呼びかけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00001313-yom-soci

僕も旅の手配はネットからが主流となった。少なくとも旅行会社で旅館を手配するなんてこと、ここ10年以上はやっていない。自らが旅行業の会社だからそれをする必要もないんだけど。

このような記事を読んでいつも思うことが2点ある。
まず、件数だけ何倍になったといっても、分母はどれだけ増えたのだろうか。それが肝心。10万件に100件のトラブルと100万件に300件のトラブルでは、後者のほうが相対件数は減っている。そのあたりを明確にせず「件数が増えた」と騒ぐのはおかしくないか。
また、相も変わらず自らのミスを棚上げしてトラブルをでっち上げてる例も目立つ。最後のクリック=契約成立という以上、それ以降は契約後の変更になってしまうことは仕方あるまい。年齢的にも自分の否は認めたくない世代と思うが、便利さの影のリスクは承知してもらわないと。

それならば、最後にもう一度再考の余地を与え、確認メールが届きそこで「承諾」して契約成立という方法にしたらどうか、となると「メールが届かない」「ただの確認メールだと思った」なんて新たなトラブルになる。結局ナニをしても何かのトラブルの元になるんだから、トラブりたくない、自分だけの責任にはなりたくないと思えば、従来どおり旅行会社の窓口へ行けば済むことだろう。

ただ、「予約できなかった」という画面が表示したにもかかわらずキャンセル扱いされたのは腑に落ちない。こればかりは画面の見間違いか本当のトラブルだろう。そういう例がある以上、何かしらの返事があればすべて画面コピーをしておくに越したことはなさそうだ。予約できたときは当日のトラブル防止のためにコピーを取る習慣はあるけど、予約できない場合って画面は大抵スルーだからね。
もちろん悪質な業者が絡んだサイトではないことが前提条件なので、基本的には事業者のサイトから予約するか、楽天などのある程度信頼できるサイトからの手配なのは言うまでもない。

|

« 北海道からフリーきっぷ | トップページ | 佐久間レールパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道からフリーきっぷ | トップページ | 佐久間レールパーク »