« 執行 | トップページ | 新型インフルエンザ »

2009年9月14日 (月)

女性専用車

とある鉄道業界の人が、新聞記者のレベルの低下と記事の正確性が乏しいことを嘆いていた。業界人はもとより趣味人ならわかる記事のミスが少なくない。取材された内容が捻じ曲げられて公表され、その修正・弁明のために社内外に奔走させられるそうだ。

バス業界も同じこと。内側では当たり前のことも外部の人、それも普段まったく眼中にない事象なんて記者も取材をしたままアップしてる感じ。取材内容に裏づけをとるなんてしないようだ。
例えばこれ。9月12日配信の女性専用車が似非高速バスの世界で人気だという産経新聞の記事だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000579-san-bus_all
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000579-san-bus_all.view-000(画像)
削除されたらわからなくなるので内容を記すと、『「深夜の密室」も安心 女性専用の高速夜行バスが好評』と題し、画像の解説には「先月から運行開始した女性専用の高速夜行バス「プルメリア」の車内。日本初の3列シートでの女性専用高速バスで、レースのカーテンで各シートを仕切ることができる(平成エンタープライズ提供)(写真:産経新聞)」とある。(下線部は僕が追加)

アレ?と思う人もいるだろう。恐らく通報があって翌朝には次のように改められた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000035-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000035-san-soci.view-000(画像)
『夜行バスも女性専用 “深夜の密室”怖くない』「女性専用の高速夜行バス「プルメリア」の車内。3列シートで、レースのカーテンで各座席を仕切ることができる(平成エンタープライズ提供)(写真:産経新聞)」

似非高速バスの世界では初の3列女性専用車なのかもしれない。取材先(平成エンタープライズかな?)の言葉を鵜呑みにしてそのまま記事にしたのだろう。平成社にすれば我こそ高速バスなんだから正規の高速バスがどうあれ眼中ないわけだ。

しかし、「高速バス 女性専用車」とググるだけで“”というのはすぐ否定される。2003年にJRのドリーム号が東京~大阪間で運行していることが検索でヒットする。また、趣味人ならわかるだろうけど京急・弘南バスの品川~弘前線「ノクターン号」は前世紀から実施だ(これこそ日本初? 2000年10月から。ただし昨年廃止)。他に小田急・秋田中央交通の新宿~秋田線「フローラ号」や同じ小田急・下電バスの新宿~児島線「ルミナス号」も期間限定ながら3列シート車で実施済み(秋田線は現存せず)。他に西武・新潟交通・越後交通の池袋~新潟線がやってると思ったら、こちらは4列シートだから比較対象外か(^^)。

僕も何度かマスコミの取材を受けているけど、素人にわかりやすく説明するのは骨が折れる。特に言葉で発するテレビやラジオはできるだけ端的に公表されるから、どうしても頭と尻尾だけで中身が薄くなる。「その中身が肝心なんだよ~」と思うのは業界人だけかもしれないけど、ホント、真実を捻じ曲げずに誤解を招くような記事だけはやめてもらいたい。

ところで女性専用車。産経の記事では「乗客の半分を女性が占めていることが分かり」とあるが、これはどの路線も同じ。なら女性専用車を走らせればウマく住み分けできると思ったら大間違い。実施してる某バス会社の話を聞くと「効率が下がるだけ」らしい。つまり、カップルは女性専用車を使えない。一般車が満席になると男性客が受けられなくなるので、結局もう1台仕立てなければならない。3台走らせて2台分の客ということもよくあるらしい。となると常に3台分以上くらい需要のある東京~大阪のような路線でないと難しいだろう。アイディアとしてはいいが、利用者の欲求と事業者の採算性は必ずしも一致しないようだ。

|

« 執行 | トップページ | 新型インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 執行 | トップページ | 新型インフルエンザ »