« 高齢者と自転車 | トップページ | ケイエム国際 »

2008年10月27日 (月)

大時刻表

20081027
弘済出版社の大時刻表。国鉄時代の時刻表といえば交通公社が主流だった。なんといっても国鉄監修の文字が輝いていた。
それに対して大時刻表は亜流とも言え、僕も買う機会はほとんどなかった。だけど私鉄に詳しい、編成表で車両の向きまで表示している(後期は異なる)など趣味的には非常に楽しく、極々たま~に買うこともあった。ただ、小遣いで大判の時刻表なんか滅多に買えなかったけど。

とある駅前で催されていた古本市。ちょっと覗いてみる。もっとも買うつもりはないのだが・・・目に止まったのがこの大時刻表。大時刻表自体を古本屋で目にする機会も少ないし、よく見ると1987年3月号。つまり国鉄最後、弘済出版社の大時刻表も、この号をもってJR時刻表に移行する最後の号なのではないかと思った。
残念ながらそのあたりの確証はないものの、手に取り、買ってしまう。1050円。定価740円の本だから高いのか安いのか。まぁふつうの人にとれば何の役にも立たない時刻表なんて100円でも買わないだろうけど、なぜか時刻表は古くなるほど高くなる。

東北新幹線も開業後の時刻表なので東北スジ、上越スジの特急が少ないのは寂しい。見ていて楽しいのは1970年代の時刻表だろうか。僕にとってはそれ以前になると、もはや歴史上になってしまうので、興味はあっても楽しむ以前の次元なのである。

ところで大時刻表。赤い表紙だったと記憶しているけど、この号に限ればなぜか白ベース。いつ頃から変わったのか。

|

« 高齢者と自転車 | トップページ | ケイエム国際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者と自転車 | トップページ | ケイエム国際 »