« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

ケイエム国際

20081028
先日、都内へ行った折に撮った1枚。とはいってもアレっ?と思って撮ったものである。
ケイエム国際の観光バスは、古くは岡崎友紀主演の「なったって18歳」で有名になった老舗の専業会社だ。はとバスとケイエムこそ東京の観光バスだった。まさか東京にこんなにバス会社があるとは思ってなかったご幼少の頃の話。

さてケイエム国際。正式名称は国際自動車なのかケイエム国際なのか、はたまた国際ハイヤーなのかわからないほど目まぐるしく社名が変わったと思う。バブル絶頂期の頃は両側にソファーを並べた10人?乗り観光バスなど超豪華仕様をラインナップしたほど調子付いていたけど、バブルがはじけて業界全体が衰退の一途をたどり、さすがのケイエムも昔のままではいられなくなった。社名が変わるごとに労働条件が変わっているとも囁かれた。つまりは再編々々なのである。

ケイエムのバスというと正面に飾られたエンブレム(行灯)がある。3~40センチ程度の正方形の枠の中に「km」の文字を誇らしげに、夜は照明で浮き上がる。それもボディに後付というものではなく、ボディ一体型、埋め込まれたようになっている。まさにフロントマスクは特注といった感じがした。残念ながらその画像は所有してないが、マニア作成の観光バス最大のサイトでその画像が見られる。
http://my.reset.jp/~kankobus/km-3.jpg

しかし、僕が当日撮影した車両にはその行灯がない。どうしたものか? 藤田観光の合併譲受の車両にこの手のエアロはないはずだし、もう淘汰されてるだろう。もはや特注で作るほどの勢いもないということか。
・・・と思ってほかのサイトも調べると、まあ安心か、最新のエアロクイーンのフロントに行灯がある画像を見つけた。ケイエムはこれでなくてはいけない。
では僕が撮ったあの車両は、どういう経緯で行灯がないのか、逆に気になるネタができてしまった。

| | コメント (4)

2008年10月27日 (月)

大時刻表

20081027
弘済出版社の大時刻表。国鉄時代の時刻表といえば交通公社が主流だった。なんといっても国鉄監修の文字が輝いていた。
それに対して大時刻表は亜流とも言え、僕も買う機会はほとんどなかった。だけど私鉄に詳しい、編成表で車両の向きまで表示している(後期は異なる)など趣味的には非常に楽しく、極々たま~に買うこともあった。ただ、小遣いで大判の時刻表なんか滅多に買えなかったけど。

とある駅前で催されていた古本市。ちょっと覗いてみる。もっとも買うつもりはないのだが・・・目に止まったのがこの大時刻表。大時刻表自体を古本屋で目にする機会も少ないし、よく見ると1987年3月号。つまり国鉄最後、弘済出版社の大時刻表も、この号をもってJR時刻表に移行する最後の号なのではないかと思った。
残念ながらそのあたりの確証はないものの、手に取り、買ってしまう。1050円。定価740円の本だから高いのか安いのか。まぁふつうの人にとれば何の役にも立たない時刻表なんて100円でも買わないだろうけど、なぜか時刻表は古くなるほど高くなる。

東北新幹線も開業後の時刻表なので東北スジ、上越スジの特急が少ないのは寂しい。見ていて楽しいのは1970年代の時刻表だろうか。僕にとってはそれ以前になると、もはや歴史上になってしまうので、興味はあっても楽しむ以前の次元なのである。

ところで大時刻表。赤い表紙だったと記憶しているけど、この号に限ればなぜか白ベース。いつ頃から変わったのか。

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

高齢者と自転車

自転車の96歳が事故誘発 書類送検、避けた会社員死亡
2008年10月23日(木)16:58
 茨城県取手市の国道交差点に飛び出した自転車をよけようとしたトラックが民家に突入、運転していた千葉県柏市の男性会社員(当時53歳)が死亡した事故で取手署は23日までに、自転車の信号無視が事故を誘発させたとして取手市の無職男性(96)を重過失致死容疑で書類送検した。自転車の男性は4月7日早朝、赤信号を無視して国道を横断。トラックを右側の民家に突っ込ませ、会社員を死亡させた疑い。

http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2008102301000549.html?C=S

昨日の昼のニュースで取り上げていたこの事故。ググッてみると全国的にメディアが取り上げていた。ざっと見ただけでも東奥日報から熊本日日まで。発信元は同じとはいえ、取り上げるくらいだからどこも興味を覚えたのか。

96歳の長寿の方が自転車に乗ってお出かけというのは微笑ましく、まだまだ元気という点でいい話だと思う。
しかし、その人が事故を誘発し死者も出たということが、どのメディアも興味を覚えた点だろう。そして、自転車でも事故を起こせば、または誘発するような行為があれば、警察は適正に処理するという点を世に知らしめたことも忘れてはならない。

最近は自転車の事故が増え、それも夜間無灯火や歩道の暴走など、自転車側に起因する事故が少なくない。無免許で運転できる気安さでも、それを理由に道交法を無視してもいいという理論はない。歩道を走る自転車は「車道は危ないから」と尤もらしい理由を述べるが、それと同じに歩行者から見て自転車が危ないのだ。結局は自己チュー? そういう僕も高校時代に飛び出した幼児とぶつかった経験もあり(軽くで怪我することもなかったが)、歩道を走るときは慎重になっている。

さて、96歳の翁。人生の後半に大きな汚点を残してしまったが、世の中、老人の自動車免許返上の流れも起きている時代だ。心苦しいが、どちらも「車両」として乗ることは控えたほうがいい。もちろん歩行の補助具として押して歩くなどの手段は構わない。齢を重ねたが故の視界不良も避けては通れず、信号無視も故意ではないかもしれないわけだし。誘発だけならまだしも、巻き込まれないためにも考えたほうがいいのではないかと思うニュースだった。

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

捜し物:消えた条文

終バスのことを「赤バス」と呼ぶのは全国的なのかな。終バスの方向幕が赤ランプを灯していることからそう呼ばれるようである。

ところで、この赤ランプ、たしか運輸規則(旅客自動車運送事業運輸規則)で定められた事項だと思っていたのだが・・・現行規則(平成20年改正)を調べても書かれていない。これより前、2年ほど前に調べたときも運輸規則にはないし、道路運送法や同施行規則、道路運送車両法などを紐解いてもそれらしい文面が発見できなかった。

ところで運輸規則には怪しげな削除された条文がある。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31F03901000044.html(法令データ提供システム)
第30~34条が一気に削除されている。もしかしたらこの部分に書かれていたのではないかと思う。
ところがネットで捜しても過去の条文を調べることができない。15年改正分までは探せたけど、その時点では削除されていた。15年以前の運輸規則が知りたいのだが…。
そういえば今となっては時代錯誤のものもあった。「最終バスが通過したらその旨を停留所に掲示しなさい」。この条文も削除された中にあったのだろうか。

誰か過去の規則を知ってる人いない?

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

高速ツアーバス連絡協議会

高速ツアーバス連絡協議会が発足

高速ツアーバスを企画販売する旅行会社や運行バス会社55社は2日、高速ツアーバス業界としては初めての業界団体「高速ツアーバス連絡協議会」を設立した。高速ツアーバス商品にかかわる事業者が一体となり、バスの安全運行に取り組むのが狙い。協議会が中心となり安全に関するガイドラインを定め、この順守を図るほか、監督官庁である国交省との協議や調整なども行う。

会長には高速ツアーバスを運営するオリオンツアーの橋本文雄・オリオンツアー取締役が就任。副会長には、村瀬茂高・ウィラートラベル代表取締役、上村秀一・ロータリーエアーサービス常務取締役が就いた。このほか、協議会は、理事を8人、監事を1人おいた。事務局は高速ツアーバスの受託販売を行う楽天バスサービス内に置いた。参加事業者の内訳は、旅行企画実施会社29社、バス運行会社21社、受託販売会社5社。橋本会長は同日開いた会見で、「安全の確保を第一に取り組んでいきたい」と意欲を語った。

同協議会では、バス運行会社など会員の所属カテゴリー別に分科会を設置するほか、(1)教育・研修(2)業界標準ルール(3)情報発信(4)渉外──の4つのワーキンググループをつくり、課題や問題点、業界情報の提供などを進める。

また同日には「安全協働体制ガイドライン」を制定。ガイドラインには、企画実施会社とバス運行会社が旅行業法や道路運送法などの互いの関係法令を理解し合うことや、3者が事故や災害、事件などに遭難した場合の協力体制を構築し、情報を共有し合うことなどを盛り込んだ。

事務局によると、高速ツアーバス市場は現在、年間約250~300万人を輸送、企画実施会社は約40社ある。バス運行会社の数は明確ではない。

同協議会では今後も高速ツアーバス事業に携わる事業者に対し広く同協議会への参加を呼び掛ける。

週間観光経済新聞 第2487号(2008年10月11日(土)発行)
http://www.kankoukeizai-shinbun.co.jp/backnumber/08/10_11/travel.html

世にツアーバスが出回りはじめ今まで無法地帯に近かったものが、旅行業者自らが襟を正すことはいいことである。というよりも自分らの立場を律することで世に認めてもらおうということかな。
ただ、相変わらず道交法違反を強要するツアー会社が後を絶たないのは目に余る。都市部周辺の駅前ロータリーでは横断報道直近にバスを停車させる、東京の一大ターミナルの目の前では交差点内に停車して客扱いをしているのであるから何をいわんや。とある地方都市の大学前の停留所、ここは高速バスも停まるというが、ツアーバス運転士自らも「どうせ空いてるんだからいいじゃねぇか」と。もちろん路線バス営業時間内の出来事。

旅行会社だけのモラルでは片付けられないと思うが、当然ながらバス会社のランク付けも必要だろう。ただ、昨今の路線兼業バス会社は観光バスを縮小し、台数だけで比較すると大手老舗も零細新規参入も五十歩百歩だ。こうなると資本金や運転士の平均年齢、勤続年数、車齢などなど、あらゆる面から判断する必要がありそうだ。これはいわゆる都市間ツアーバスに限ったことではない。周遊型ツアーバスにも同じことが言えるだろう。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »