« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

東京・有明に広域防災拠点完成 首都直下地震など復旧に備え
首都直下地震などの大規模災害が起きた際、復旧に必要な情報収集機能などを備えた基幹的広域防災拠点が22日、東京湾臨海部の有明の丘(東京都江東区)に完成した。平時は公園として一般市民に開放。災害時は緊急災害現地対策本部(本部長・内閣府副大臣)を設置し、被害状況などを集約して、救援活動を指揮する。
首都圏の防災拠点は、救援物資の中継拠点となる川崎市の臨海部に続き2カ所目。近畿圏では東南海・南海地震や直下型地震に備え、堺市の臨海部に同様の施設が整備される。(NIKKEI NET 06/22 19:19)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20080622SSXKA014622062008.html

備えあれば憂いなし」なので、いざというときのための施設は大歓迎。
でも、江東区、それも臨海部って埋立地でしょ。こういうところの地盤って、大地震が来ると一発で液状化現象などにやられ、機能しなくなるような気がするんだけど・・・。
もう少し内陸部、既に立川には東京都の防災センターがあるのだから、それを応用するとかできなかったのかなぁと思う。
いずれにしても活用されないことを祈るばかり。

| | コメント (0)

2008年6月28日 (土)

牛肉は愛知産に限る!?

またまた各地で産地の偽装問題が浮上している。
だが待てよ、偽装するには理由がある。意味なく偽装するはずない。その理由が「高く売れる」とか「おいしいといわれる」だったりすると、日本人の感覚ってなんなのかなぁと思えてしまう。

愛知県産の牛肉を「飛騨牛」として売っていた食肉業者「丸明」だが、その社長のふてぶてしさと認識のなさには呆れるものがある。しかし、そのほうが売れるとなれば、どこか人間の弱い部分で、「高く売りたい」と思うことは不思議ではない。もちろんほとんどの人は理性があるからそんな馬鹿なことはしないのだが。

でもそうとは知らずに買う人がいる。買って食して「おいしいおいしい、さすが飛騨牛」と唸った人もいよう。ということは、愛知県産の牛肉がウマい!ということになるのだが、誰がその事実に気付くのだろうか? 事件発覚後、愛知県産の牛肉が売れ出していると聞いたこともないし。

結局日本人ってブランドでモノを買ってるに過ぎないんだなと思う。「愛知」の文字が「飛騨」になるだけでおカネを出す。飛騨の文字がそんなにいいのかなと思うのだが…。(別に飛騨地方がよくないというわけではありません。m(__)m)
もちろん正真正銘の飛騨牛は美味しいだろうけど、僕は個人の好みに合えば飛騨だろうが米沢だろうが輸入品だろうがどこでもいい。安心して食べられれば十分。

まぁ丸明は偽装だけでなく品質管理にも問題があったようで、これも相当問われるべきだろうな。トップダウンとはいえ、従業員も可哀想である。物言える環境になることを切に願う。

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

小松島市営

ツアーバス業界ではおなじみの海部観光。徳島のバス事業者で、徳島~大阪~東京という似非高速バスを運行している。この日見たバスには堂々と「徳島・大阪⇔新宿」という表示がされていた。気分は高速路線バス♪

で、夜の新宿を訪れた折に見かけたのでパチリと写メしたのは後部の表示。
20080627
大きな方向幕だよなぁ。って、これ京阪バスに似てるなと思った。中古を買ったの?
そして驚いたのが、2台口で運行している感じ。一緒に信号待ちしてる・・・って、何よ、小松島市営の観光バスじゃないの。まさか市営バスまで似非高速バスに手を染めてるの? 驚いた。
まぁお上が合法的輸送だと認めてるんだからつべこべ言わないけど、なんだかなぁ・・・。

| | コメント (2)

2008年6月26日 (木)

本人はご存知?

東京の王子付近を彷徨っていたときに見つけた店。
冷やし系はメニューになさそう。暑苦しそうだ。
20080626_2
ぜったい誰かの名前のパクリである。本人は来店したことあるのかな?

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

終わっちゃうの?

最近富に忙しくてなかなか更新というかネタが作れないんだが・・・
ヒマというわけじゃないけどこんなサイトを紹介されて見てたらhttp://himazin.jp/image/day/07092303

20080616

どうやらこの画像は相当有名らしくて、いろんなところで紹介されている。
それにしてもどれくらいの期間表示されていたのか? しかもこの駅だけとは限らないだろうし。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »