« またエスカレーターで子供が… | トップページ | 酒気帯び事故の福岡市職員 »

2008年4月12日 (土)

名阪近鉄バスの事故

タイヤ外れバス直撃、運転手死亡・静岡の東名

11日午前11時10分ごろ、静岡県牧之原市の東名高速下り線を走行していた大型トラックのタイヤが外れて中央分離帯を飛び越え、上り線を走っていた観光バスに衝突。県警高速隊や地元消防によると、バスの男性運転手が死亡、乗客7人がけがをして病院に運ばれた。乗客はいずれも軽傷とみられる。
調べでは、観光バスには乗客ら41人が乗っていたという。東名高速上り線の吉田―掛川間が午前11時44分から通行止めになった。県警高速隊は大型トラックのタイヤが外れた原因などを調べている。
〔共同〕(04/11 15:02)


また痛ましい事故が起きた。避けるに避けられない、まさか、と思う事故だ。高速道路上に人が歩いている、向こう側からタイヤが勢いよく走ってくる、こればかりは危険予知運転をしろかも知れない運転をしろというほうが無理だ。

亡くなった運転士は観光一筋20数年のベテラン。無口ながら後継の育成を担ってきた人らしい。オマケにこの日が誕生日。旅先でお客様から祝いの言葉ももらうことあるこの業界で、なんで?と疑うのは皆の共通の思いだろう。

原因はボルトの破断らしい。8本あるボルトのうち2本が以前より折れていた可能性があり、残りに負荷がかかって折れたようだ。テレビでやっていた実験では、大型車のタイヤが時速40キロでぶつかっても車のボディをぐちゃぐちゃにする。それが時速100キロ、相対200キロでぶつかれば何をいわんや。ガラスなんかこっぱ微塵。逆にあれだけで済んでいるのが不思議でならない。

運転士はサイドブレーキに手を掛けたまま倒れていたという。最後まで止めることに執念し、ハンドルで逃げることはなかった。運転士の鏡のような人だ。まさにプロドライバー。

合掌

|

« またエスカレーターで子供が… | トップページ | 酒気帯び事故の福岡市職員 »

コメント

自分が命を落としても(そのときに死ぬと思ったわけではないでしょうが)、サイドブレーキを引いた。
立派な運転士さんですね。
お気の毒としかいいようがないですね。
身につまされました。

投稿: basukeiei | 2008年4月14日 (月) 17時42分

本当に温厚で気さくに話しかけてくださる立派な方でした。悲しいです。ご冥福を祈るしかでませんが。

投稿: | 2008年4月22日 (火) 18時41分

コメントありがとうございます。happy01
2人目の匿名さんはご関係の方でしょうか?
僕は名阪近鉄さんと直接の取引はないですし、亡くなられた運転士もどういう方かわかりませんが、いい人ほどこんな形で他界されるなんて、残念でなりませんね。
おそらく周囲からも慕われ、手本にしたいドライバーだったハズです。氏の教えを今後の礎に、名阪近鉄さんのますますの発展を祈念します。

投稿: みのむし | 2008年4月23日 (水) 05時49分

タイヤが飛び込んで来たときは、きっとバス自体がバランスを崩して横転しそうな状況と思われます。
それをたて直し安全に停めて。
考えただけでも ぞっと するのに、この方は絶命の瞬間まで戦った。ニュースを見た時にその状況が見えたような気がして涙が出ました。

バス業界全体として不遇の時代でごく一部の不祥事でよく思われていないと感じる事もありますが、お客様の安全を毎日あたり前のように作っているプロ集団です。
この方をとても誇りに想いこれからも日々精進を誓う思いから投稿させていただきました。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 隣の会社運転士 | 2008年6月10日 (火) 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またエスカレーターで子供が… | トップページ | 酒気帯び事故の福岡市職員 »