« 酒気帯び事故の福岡市職員 | トップページ | コミバス企画提案書 »

2008年4月20日 (日)

道路特定財源に思う

4月からガソリンなどが値下げし、マイカー族は歓迎をしているようだ。もちろん交通業界も歓迎する向きがないわけではない。この数年は燃料もうなぎ上りで、値上げするタイミングを窺っている傾向もあったからだ。
ただ、道路財源をなくしての値下げとなると意味合いも変わる。道路がなければ交通業は成り立たないし、一般庶民だって生活に困る。直接使わなくても、その道路によって物流が行われ、我々に生活物資が届くからだ。

必至に道路特定財源を戻そうとする政府・自民党だが、福田総理の「安くなるとマイカーが増え、環境破壊に結びつく」という理論は、反自民の僕としても好感持てた。極端な理論かもしれないが、燃料が高いと自前の移動手段を控える傾向にある。この1年、特に目立った住宅開発のない路線の需要が伸びていることがその証明にならないか。公共交通に携わる者として、燃料はいっそのこと一般消費者向けと公共交通向けの二重価格にして欲しいくらいに思っている。
もちろん道路向けの税金がなくても道路は作れる。一般財源にしたところで同じ金額を道路に向ければ済む話だ。しかしそれでは大手を振って投資できない。道路に投資する=土建屋が儲かる、つまりは政治家の元へ山吹色のお饅頭が届く、そんな図式が思い浮かぶ。道路につぎ込むことこそ政治家が政治家にしがみ付く手段なのだろう。

僕はどんどん道路に使って欲しいと思っている。ただ、対象にする道路が違う。広い国道にあらためてバイパスの必要あるの? 誰も通らないところに高速道路? 一般道が不便だから交通量が少ないのではなく、交流の必要がないから交通量が少ないんだよね。
そういったン億単位の道路ばかりに目を向けないで、生活道路に投資して欲しい。先日も都内某所を通ると道路は継ぎ接ぎだらけ。そのエリアのバス会社の知人に訊ねると「あの自治体は貧乏だから全面改修ができない。だから部分部分」とのこと。都心の道路とは信じがたい荒れ様で、バスも相当乗り心地が悪かろう。

まぁこういった道路の補修では土建屋の利益も桁違いに安いだろうし、政治家の見返りも少ないと見る。でも庶民が本当に欲しているのは年に1回使う道路ではなく、毎日の通勤に使う道路だ。もっと地方道に割り当てられるような税の使い道をして欲しい。

|

« 酒気帯び事故の福岡市職員 | トップページ | コミバス企画提案書 »

コメント

書かれていることは、まさに正論ですね。私もそうだと思いますが。

渋滞解消を最優先にするべきでしょう。環境にもいいですしね。でも、天下り先確保を最優先にするお役人さんは、それはやらないでしょうね。交差点改良をしても、自分達の得になりませんから。

お金を無駄使いばかりしている放蕩息子に、意見をしたらお金を有効に使うようになるでしょうか、絶対に、無理でしょう。
やはり、与えるお金を半分にして、有効な使い方を考えさせる。それで真っ当になり、足らないとういうのであれば、その使い道が正しければ、上乗せしてあげる。

まずは暫定税率廃止でしょう。このやり方しかないと思っていますが、いかがお考えですか。

投稿: basukeiei | 2008年4月21日 (月) 11時00分

毎度コメントありがとうございます。
実はこの話題、奥が深すぎて僕ごときでは太刀打ちできず触りたくなかったんです。でもバス屋として触れずにはいられないかなと。

個人的には正直なところどっちつかずです。地元に歓迎されない道路のための特定財源は必要ありません。でも地域密着の道路はなくてはならない。なのに特定財源が本当に欲しいところに使われていない。それならいらないだろうとも思います。
暫定税率と称する増税で国や地方は資金を得て道路を造ることはやむを得ないのか。他に確実に得られる財源があればいいのですが、そう簡単でもないだろうし。

あと思うのは、いらない道路を造るのに比べれば、今の財政でも生活道路はできるのではないかと。この辺は国や地方の財布の中身を知らないとなんともいえません。

まぁ国会議員さんが名誉職でなくなってからは保身のためだけに東奔西走する人が増え、本当に国民のため、地域のために働く人は減ったということですか。
ん?締め方が違うかな?

投稿: みのむし | 2008年4月21日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒気帯び事故の福岡市職員 | トップページ | コミバス企画提案書 »