トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

コミュニティバス

コミュニティバスの地域勉強会に参加した。初めての参加だが、出欠自由なので、あえて身分も晒さずに席に着いた。

住民が持ち寄ったルート案を発表する。それに他の人たちが意見する。
最後にはどこを回りたいのかという声を聞いた。でも人それぞれに日常の行動エリアは違うもの。すべてを回っていたらいつ終点着くかわからない。
また、必ずしもバスが通れる道とは限らない。コミュニティバスとは、そんな狭い道に入り込むイメージがある。

今日は住民のナマの声を聞くだけで発言していない。バス会社ならなんか言えといわれても、初参加で様子伺いのつもりだったから。でも「知らないっていいよなぁ」というのが正直な感想。住民の希望を取り入れたら大赤字必至の路線になるよ。いつか的確なアドバイスをしなくてはいけないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

ツアーバス

昨今流行の高速ツアーバス。その危険性、とまではいわないが、けして一流ではない旅行会社の企画なので、万が一の保証となるとこの上なく心配。何かあると払い切れずにドロンされる可能性大有り。シャッター閉めて貼紙一枚でお詫びじゃないかな。

そういうわけで、そんなツアーバスをするバス会社も一流どころは稀である。父ちゃん母ちゃん企業なんてザラ。こちらも何かあるとドロンしてオシマイ。問題が起きると会社潰して新たに違う名前で発足、経営者も従業員もまったく変わりなし、なんて会社は少なくない。今年の2月に事故をしたずみ野観光バスダイヤモンドバスとかに名を変えて、実質同じ経営で続いている。そりゃあずみ野観光バスと知っていたら誰も使わないだろう。

静岡のタイセイ観光バスも東京に支社を設けていたが、死亡事故だったか行政処分の多さをきっかけに会社を潰したようだ。今の名を富士セービングバスとかいうらしい。その会社、ツアーバスにも数々走らせている。昨日は
東京新宿を歩いていたら止まっていた。それもこんな行き先表示をつけて。
80578_3 
ん~、脱法行為に限りなく近いな。貸切輸送だから本来なら行先表示をしてはいけない、路線紛いとして捕まってもおかしくはない。
いずれにせよこんな表示は旅行会社がやらせているのだろうが、そこまで金かけるバス会社もポリシーがない。結局旅行会社に言い負かせられっぱなしだろう。こんなバス会社は遅かれ早かれ淘汰されていく。

| | コメント (0)

2007年10月27日 (土)

CNGバス

続いて燃料の話題。
子供の頃の早口言葉で「バスガス爆発」なんてのがあった。でも「バスはガスで走るんじゃないよ」とも聞いた。ところが今はガスでもバスが走る時代になった。

CNG(圧縮天然ガス)で走るバスを大都市では結構見かける。低床化が進む折、タンクを屋根上に載せているのですぐわかる。「環境にやさしい」のは間違いないが、ではディーゼル車と比べてどれだけクリーンかというと、今はそれほど差がないらしい。ディーゼルがクリーンになったおかげで、ヘタするとディーゼル車のほうがいいくらいだという。

昨今流行のコミュニティバス。うちの会社でもいくつかの自治体で走らせている。とある自治体はCNG車にこだわっている。やはり「環境にやさしいから」という。
でもバス会社にとっては厄介な代物。軽油の給油は車庫でもできるが、ガスの充填は民間施設に頼っている。車庫なら24時間OKなのに営業時間に縛られるのだ。早朝深夜に営業していない。だから日中の運行を一部割いて充填時間を取っている。その分便数が減ってしまうわけだ。そこまでしてCNGが魅力的なのか。はなはだ疑問符。

| | コメント (0)

ディーゼルエンジン

バスは軽油で動くディーゼルエンジンだ。日本では、ディーゼル車は黒鉛を撒くイメージがあって敬遠されがち。東京都の石原知事のパフォーマンスで一層ディーゼル車を悪者に仕立て上げた。
また非力というイメージもあって自家用車への普及は微々たるもの。最近ではワゴン車の一部に設定があった程度で、ほとんど取り入れられてこなかった。

一方、欧州では3割くらいがディーゼル車と聞いたことがある。これだけ普及したのは燃料代の安さと、結果として環境にやさしいという理由らしい。エンジンがそれほど変わるわけはないのになぜだろう。

この秘密は軽油にある。欧州の軽油はそれなりに処理されていて、日本のものよりクリーンらしい。だから経済性や環境の面では、軽油もガソリンと勝らずとも劣らない選択肢の1つになっている。その点日本は、エンジンを悪者にして燃料に手を加えることを、少なくとも一昔前までしてこなかった。今は欧州の基準よりも厳しいとも言われるほどエンジンも軽油も改良されている。が、時すでに遅し。一般の眼はディーゼル車憎しになっている。

でもバスが出す排ガスと、同じ輸送力で自家用車が出す排ガスを比べて、どちらが環境にやさしいのだろうか。もちろんガラガラのバスでは話にならないが、そういう同じ土俵で比べないと本当に環境にやさしい乗り物というのがわからないのではないか。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

あこぎな商売??

こんな商売してるとマニアな人たちのお付き合い・・・したくてしてるわけじゃないが、付き合わなくてはならないことは度々ある。

ところでなんであんなにマニアな人たちってウザいんだろう。それと、主義主張って強いよね。自分の思いどおりにならないと気がすまない人。それらしき人たちのブログなんかを見ても「**すべきだ」「**なのは**しないからだ」と決め付けた言葉の羅列。趣味誌の投稿なんかもそんなのばっか。

だったら自分で事業してみりゃいいのに。

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

エアロクイーン

三菱ふそうの大型バスがモデルチェンジをしたそうだ。「エアロクイーン」の名でもう20年以上前だろうか、一世を風靡したデザインで世に現れた。ヨーロッパのデザイナーだかが携わり、その洗礼な外観で多くの人を魅了させ、観光バスといえばエアロクイーンと呼ばれるまでになった。

何度かのモデルチェンジを経て今回現れるのはフルモデルチェンジだ。外観も日野&いすゞに似たところがある。

観光バスの第1号はどこに納車されるのだろう。高速バスの第1号は都内某社に納入する予定だったが、トップを嫌ったこの会社が他社に譲り第2号を買うようだ。来年早々には営業に入るとのこと。今から楽しみである。
ちなみに第1号は中国地方の会社らしい。どこかな?

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

はじめました

バス会社にいます。
職種は追々わかっていくと思いますが、
日頃の出来事、仕事で思うこと、
あとは仕事以外のプライベートな部分を含めて
つぶやいてみたいと思います。
毎日更新はないと思って下さい。
思いついたときだけ、書ける環境にあるときだけ書きます。
あくまで個人的な感想だから読んだ人がどう思おうが
特に気にしないし気にしないで下さい。
あまり反撃的なコメントもらっても萎縮しちゃうし。

| | コメント (0)

トップページ | 2007年11月 »